一木美里のおいしくたべようの会 vol.14「かぼちゃの馬車をつくれたら」

多岐にわたって活動している一木美里が、独自の視点で“食”をテーマに語る連載コラム。毎週火曜日更新。
先日、 LANCOMEのパーティで初めて仮面舞踏会に参加しました。
素敵な空間でワルツを踊る、 ってなんだか緊張しましたがとても楽しかったです。
54色の新作ルージュ、 運命の1本が見つかる素敵なラインナップです。
今日はここ最近よく焼いていたパンプキンパイのお話。

#わたしのレシピ #パンプキンパイ #かぼちゃ
ハロウィンの時期に焼いてからかぼちゃにハマって、
何台かパンプキンパイを焼いた。
グリーンとオレンジの色がハロウィンと一緒に思い出させるのは、
シンデレラのかぼちゃの馬車。
かぼちゃにかけられた魔法のおかげで、シンデレラは王宮の舞踏会へ。

レンジでチンしたあつあつのかぼちゃを潰しながら、そのほくほくと白い蒸気が
おとぎ話みたいに魔法をかけてくれたらいいのにと思いついてしまって、
いつまでこんな夢みたいなこと言って許されるだろうと思うと手に力が入った。
馬に乗っているときに聞こえるその足音が好きなのは、あの魔法のせいもあるのかも。
熱いうちに砂糖とバターを加えて裏ごし。
裏ごししてペースト状になったかぼちゃの中に卵黄・生クリームと、
シナモンをたっぷり振りかけると、強く香る。

バターを塗った型にパイシートを広げてから、フォークで穴を開けて、
冷ましたフィリングを流し込む。パイ皿の上のオレンジ色のプールはつやつや。
残ったパイシートを細く切って編みながら、シンデレラの気持ちを思った。
健気なシンデレラのような娘が、シンデレラストーリーを歩めるなんてことがこの東京であるのかな?
女性なら誰もが聞いたことがあるはずの
「シンデレラはわざとガラスの靴を置いていったんじゃないの?」説を思い出した。
わざとなんかじゃない、とわたしは信じてるけど、
追われながら、さらに追わせる状況を自然とつくりだした彼女の運命がハッピーエンドを導きだしたのであれば
それこそ拍手喝采かも。
「夢はひそかに」って歌われてるくらいだから。

編んだパイシートをかぶせて、もう1列のパイシートで丸く囲う。
フォークで一周ぐるっと押して押さえこんだ。
200度に温めたコンベクションオーブンで20分焼いてから、
アルミホイルを載せて180度で15分焼いた。
冷ましてから粉砂糖をふるう。
ハロウィンの日にはコウモリのクッキーを乗せたパンプキンパイ。
昨日はみんなで夜のデザートに。
今朝は残った最後の1ピースをひとり、朝のおやつに。
もう今年はこれで最後のパンプキンパイ。
最後にするからね。
【わたしのパンプキンパイ】
かぼちゃ、バター、砂糖、生クリーム、卵黄、シナモン、パイシート
一木美里 Misato Ichiki
歌手、DJ、SamanthaThavasaグループブランドレップ。
1989年12月6日生まれAB型。学生時代より読者モデル、リポーター、バックダンサーなど多岐に渡って活動。
SNSや雑誌を通してファッション、ライフスタイルを発信中。
【公式instagram】?? https://instagram.com/misato_ichiki/