山崎樹範「人生、悪くないよって思える作品です」

撮影・蔦野裕
 陣内孝則が9年ぶりにメガホンをとった映画『幸福のアリバイ?Picture?』が公開される。同作品は「葬式」「見合い」「成人」「誕生」「結婚」の5つのエピソードで構成。山崎樹範はその中の「見合い」と「結婚」に出演している。

「陣内さんは役者だけあって、こちらの気持をすごく分かってくれてると感じました。すごく丁寧ですし、ちょっとした動きとかを敏感に察してくれる。こちらが迷ったりしていると“迷っているでしょ。だったらこっちの方がいいよ”とか、撮影が長引いて現場の空気が緩みかけると“ここは一発気合入れて頼むぞ”って声をかけて締めてくれる。それは見事なコントロールでしたね」

 普段からそういう人?

「大先輩にこういうことを言うのはアレですけど、いい加減な部分が…いや、表現を間違えました(笑)、気さくで、少年の心をいつまでも持ち続けている方(笑)。無邪気でおもしろくて、愛すべき人です」

 映画は誰にでもある“人生の節目”に起きる小さな出来事がテーマ。

「子どもが生まれたり、成人したりとかっていう節目は誰にでもあって、その瞬間はいろいろ大変だったりするかもしれない。でも最終的には、それがあって良かったなって思える事ってたくさんある。今回の映画には派手な爆破もありませんし、CGをものすごく駆使しているわけでもない。派手な映画ではありませんが、見た後に“生きる事って悪くないな”って思える作品です。皆さんそれぞれ日常生活で大変な事があると思いますが、それでもこれから起こるであろう未来に対して、悪くないかもって思える本当に優しい映画です。いろいろな事で人生に悩んでいる人たちの背中を押すような…いや、それはおこがましい(笑)。“悪くないよ、人生は。捨てたもんじゃないよ”ってことを感じていただければいいです(笑)」
『幸福のアリバイ?Picture?』
11月18日(金)全国ロードショー
【出演】中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、浅利洋介、木南晴夏ほか
【原案・監督】陣内孝則
【URL】 koufuku-alibi.jp