崔被告が初公判で全面否認

出廷する崔被告(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
 韓国の朴槿恵大統領の友人で女性実業家、崔順実被告の国政介入事件で、大企業に出資を強要したなどとして、職権乱用罪などに問われた崔被告や前大統領府首席秘書官らに対する実質的な初公判となる公判準備手続きが19日、ソウル中央地裁で行われた。出廷した崔被告は起訴事実を全面的に否認し、朴氏と「共謀した事実はない」とした。

 朴氏については9日には野党が弾劾訴追案を提出。国会で可決され、職務停止となっている。