せめてもの救いは当日券は毎回出ること「Parco Produce ミュージカル『キャバレー』」

 本作は1966年の初演以来、世界中で繰り返し上演されているミュージカルの傑作。1972年にはライザ・ミネリとジョエル・グレイの主演で映画化され、アカデミー賞を8部門で獲得するなど、世界的な人気を誇る作品となった。こちらもミュージカル映画といえばだいたい名前があがる作品なので、映画で知っている人も多いかもしれない。

 日本では1982年に初演。松尾スズキが2007年に演出を手掛け、今回は10年ぶりの再演となる。
 物語はヒトラー政権の台頭へと向かう時代を背景に、ベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」のデカダンなショーと歌姫サリーをはじめとする人々の恋物語を絶妙な構成で描く。
 サリーを演じる長澤まさみは「女優としての新たな一歩を」ということでミュージカルに初挑戦。クラブのMC役の石丸幹二、サリーの恋の相手に小池徹平、ナチスに運命を翻弄される下宿屋の女主人を秋山菜津子が演じるなど豪華なキャストが揃った。


【日時】2017年1月11日(水)?22日(日)(開演は11・13・16日18時30分、14・18・20・21日13時30分/18時30分、15・17・22日13時30分。12・19日休演。開場は開演30分前。受付開始は開演1時間前)【会場】EXシアター六本木(六本木)【料金】全席指定1万3000円 ※当日券はチケットぴあ当日券予約専用ダイヤル(0570-02-9997)で公演当日の10?11時まで受付【問い合わせ】パルコステージ(TEL:03-3477-5858=月?土 11?19時/日・祝 11?15時 [HP] http://www.parco-play.com/web/ )【台本】ジョー・マステロフ【上演台本・演出】松尾スズキ【出演】長澤まさみ、石丸幹二、小池徹平、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙/秋山菜津子/片岡正二郎、花井貴佑介、羽田謙治、齋藤桐人、乾直樹、楢木和也、船木淳、笹岡征矢、岩橋大、丹羽麻由美、香月彩里、谷須美子、エリザベス・マリー、田口恵那、永石千尋