RIZINトーナメント2回戦でミルコ完勝 北岡がクルックシャンクに逆転勝利

ミルコ(右)のボディーにモーが崩れる(撮影・蔦野裕)
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」が29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された。
 無差別級トーナメントの2回戦ではミルコ・クロコップ、バルト、アミール・アリアックバリ、ワレンティン・モルダフスキーが勝利を収め、31日に行われるFinal Roundへ駒を進めた。準決勝はアリアックバリvsモルダフスキー、ミルコvsバルトで行われ、勝者がメーンで決勝を戦う。

 ミルコはこの日のメーンで昨年のグランプリ覇者キング・モーと対戦。1Rにローキックをモーにキャッチされテイクダウンを許すなど冷やりとさせられたが、ローを減らすなど即座に対処。強烈な左ハイで徐々にペースをつかむと2R、パンチからのモーのタックルを切ると体勢を入れ替え、コーナーに詰め左ボディーを3連打。崩れ落ちたモーにパウンドの連打を浴びせ、TKO勝ちした。

 バルトは高坂剛と対戦。巨体を生かした攻撃でコーナーに押し込み、テイクダウンさせては上のポジションをキープするもののそこからなにもできず、会場からはブーイングが飛ぶ。下になった高阪からも「打ってこい!」と挑発されてしまうほど。判定勝ちとなったものの、逆切れ気味に「私の代わりにやってくださいよ!」と前代未聞のマイクアピールで会場をなおもヒートさせた。

 大会のオープニングを飾ったのは北岡悟vsダロン・クルックシャンク。試合開始早々、北岡のアグレッシブな打撃に翻弄されたクルックシャンクだったが、徐々にペースを取り戻すと的確なパンチを顔面に集め、北岡は眉間のあたりを裂傷。顔面を真っ赤に染めた中での戦いとなる。北岡自身「もう負けるんじゃないかなと思った」と試合後に振り返るほどの展開のなか、ワンチャンスを生かし、タックルからテイクダウンさせるとフロントチョークをがっちり決め、劇的な逆転勝利を飾った。
【写真左上】北岡はフロントチョークで逆転勝ち 【写真右上】浅倉(左)はRIZIN初陣を飾れず 【写真左下】那須川天心は腕十字を決められ絶体絶命の場面から逆転勝ち 【写真右下】中井りん(右)が村田夏南子に圧勝(撮影・蔦野裕)