今年の抱負は…ヒーローたちから学ぶ!?『アイ・ソー・ザ・ライト』

“ロックの父”と称される伝説のシンガー、ハンク・ウィリアムスの半生を描いた感動の物語。『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のロキ役でブレイクしたトム・ヒドルストンが、数々の功績を築きながらもその裏で翻弄された男を熱演。劇中のハンクの曲をすべて自らが歌い、自身が経験した悲しみや人生の辛さを歌にのせることで人々に希望を与えた男を演じ切った。ハンクの妻オードリー役には『アベンジャーズ』のエリザベス・オルセン。自身の夢と夫を支える妻の立場の間で複雑な思いを抱える女性を繊細な演技で表現している。

 第二次世界大戦後のアメリカ。人々が悲しみや辛い思いに暮れるなか、明るい曲調のカントリーミュージックで人々の思いを代弁したシンガー、ハンク・ウィリアムス。しかし成功の陰には、彼自身が抱える苦悩の物語があった…。


販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント1月11日(水)発売 DVD3800円(税別)