1・8「WRESTLE-1」河野が2度目の防衛 イケメンは膝負傷で欠場へ

ブレーンバスターにドロップキックまで繰り出した征矢だったが、最後は河野の膝フルコースで撃沈(撮影・柄本まな美)
 プロレスリング「WRESTLE-1」の2017年第1弾大会となる「WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE」が8日、東京・後楽園ホールで開催された。

 メーンで行われた「WRESTLE-1チャンピオンシップ」は王者・河野真幸が征矢学を14分38秒、ランニングニーアタックからの片エビ固めで破り2回目の防衛を果たした。

 WRESTLE-1のリングで昨秋から巻き起こった世代間抗争だったが、地力の違いを見せる河野は稲葉大樹、黒潮“イケメン”二郎を破り、この日の挑戦者はベテラン軍に属する征矢。

 稲葉、イケメンは河野に対してスピード、テクニックで対抗したが、征矢はパワーで真っ向勝負に臨み、ヘビー級らしいド迫力の肉弾戦が繰り広げられた。
 タックル合戦からチョップ合戦。征矢は滞空時間の長いブレーンバスター、デスバレーボムといった得意技で河野を追い込むが、河野は随所でバリエーション豊富なヒザ蹴りを見せ、徐々にペースを握る。エプロンでの攻防でビッグブーツからニーリフト、そしてチョークスラムというフルコースをなんとかしのいだ征矢はセコンドについたGET WILDの大森隆男に「力借りるぜ!」と叫び大森の得意技であるアックスギロチンドライバーを放ち勝負をかけるが、ここでも河野がニーリフトで形勢を逆転。最後はダイビングニーからランニングニーアタックで征矢から3カウントを奪った。

 WRESTLE-1では昨年から旗揚げ時からの選手の離脱が続く。
 それを踏まえた河野は試合後のマイクで「WRESTLE-1、始まって、3年半経って、去年もいっぱい辞めて、旗揚げ当時のメンバー変わっちゃったけど、2017年、一発目のタイトルマッチで征矢、お前とできてよかったよ。ありがとう」と征矢にエールを送ると、征矢も「俺も河野さんとシングルマッチをやって肌で感じるものがあった。俺はWRESTLE-1の旗揚げに居たメンバーじゃないかもしれない。途中から来た一選手かもしれない。でもこうして、たくさんのWRESTLE-1に初期からいたメンバーがいなくなって、残された俺たちがどうにかしなきゃ始まんないでしょ」と応えた。
 そして河野は「辞めた奴らと離れてった奴らが、このリングが羨ましい、辞めなきゃ良かったと思わせるぐらいがんばります」と続けた。
イケメンに勝利し、河野に挑戦表明した芦野(撮影・柄本まな美)
 昨年12月の後楽園大会で河野に挑戦し、あと一歩まで追い込んだ黒潮“イケメン”二郎はこの日、芦野祥太郎とシングルマッチで対戦。

 打倒・河野に向け再スタートとなる一戦だったが、芦野が7分55秒、アンクルロックでイケメンから勝利を収めた。

 持ち前の華麗な立体殺法に加え、最近では腕十字といった関節技も繰り出すイケメン。この日も芦野のアンクルロックを腕十字で切り返すなど軽快な動きを見せるが、執念の鬼と化す芦野はエプロンから場外へのジャーマンを狙うなどシビアな攻撃でイケメンを追い込むと最後はアンクルロックでギブアップ勝ちした。

 芦野はメーン終了後に河野に「先日挑戦したイケメン、今日タップアウトさせました。そのベルトに挑戦する資格、あると思うんですよ。次の後楽園で、僕とタイトルマッチやってください」とアピール。河野も「WRESTLE-1の一番のベルトかけて、メインイベントでトリガー対決やってやろうじゃねーか」と受諾したことから、2月の後楽園大会での河野vs芦野によるタイトル戦が濃厚となった。

 なお左ひざを痛めたイケメンは試合後、後十字靭帯損傷の可能性が浮上。1月10日に名古屋で開催される「WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE」愛知・中村スポーツセンター第一競技場大会の欠場が発表された。

 この日は「WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ」「WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ」が行われたが、ともにベテラン軍のMAZADA、カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎組が防衛し成功した。
【左3枚】エプロンで場外へのジャーマンを狙う芦野。必死の形相で耐えるイケメン。最後はアンクルロックで芦野の勝利。試合後、がっくりのイケメン。 【右3枚】めまぐるしく攻守が入れ替わったタッグチャンピオンシップだったが、最後はカズ、鈴木組が防衛に成功(撮影・柄本まな美)