【DJダイノジ あなたの好き、肯定します!】第10回:つらいことには“ハッピー”で抗いたい

『DJダイノジ深夜の回転体』(ニッポン放送)のDJダイノジ、放送に入りきれなかったトークは…?
DJ ダイノジ……大谷ノブ彦と大地洋輔からなるDJユニットで自主イベントやフェス、さらには大型フェスでも人気を集める。同時にお笑いコンビ・ダイノジとしても精力的に活動中。『DJダイノジ深夜の回転体』は、AM1242 ニッポン放送/HappyFM93で毎月1回日曜深夜1時30分から3時まで放送。
TH:さあ、今年も始まりましたね。『DJダイノジの深夜の回転体』が! 

大谷:2017年最初の放送ですから今年注目のアーティストを特集したわけですけど……。

大地:DJダイノジのクワトロツアーに出てもらったBRADIO(ブラディオ)の曲『FREEDOM』から始まったね。もう、彼ら最高! 知らない人はチェックしておいたほうがいい。

TH:sumika、ビッケブランカ、ぼくのりりっくのぼうよみ、まねきケチャに、米津玄師……。今回はいろんなアーティスト、バンドの曲、聞きました。

大谷:明るくてハッピーな曲ってテーマがあったからああいう選曲になったんだけど。今って多幸感、ハッピーであふれてるよね。

大地:「ハッピーだからエモい」なんだよ。

大谷:そう、大地さんがすぐ泣くこともそれ。何がっていうわけでもないんだけどさ、みんなが踊ってるの見て泣いちゃう(笑)。

大地:そうなんだよ……!

大谷:自分で選曲しておいてなんだけど、俺、こういうの聞きたいんだよなって。ビッグバンドものな感じで、ハッピーなもの。聞いてると、時折、植木等さんが通るんです。そういえば、星野源さんの曲『Drinking Dance』で踊っているCMあるけど、あれを見ると植木等感が半端ない。

大地:あ、確かにそんな気がする!

大谷:日本人が勤勉すぎる時代に植木さんのスイスイスーダラダッタがあってさ、バブル期お金儲けだけを考えている時に(ビート)たけしさんの毒舌があって。カラオケが人気になったからバンドが盛り上がり、経済成長とか難しいよねって2000年代になるとロックも青春パンクになったり、いい歌ばっかりになった。

大地:刺さるわ?ってヤツね。

大谷:音楽やエンターテインメントはそうやってきた。だから、2017年は「ハッピーでつらいことに抗う」ってことだと思う。

大地:俺は、ここ数年、人を評論すること、人を批評すること、批評力が大切だったと思う。でも、2017年は肯定力。人をどれだけ肯定できるのか、だと思うんだ。

大谷:俺たち、それで本作れるね(笑)。思うに、それやってるのが、カズレーザーなんじゃないかな。すごく頭良く肯定する。

TH:「ハッピーでつらいことに抗って」行くための具体的な方法って?

大地:それはもうさ、笑ってやってくってことだよ、いつでも笑ってハッピーに! 

大谷:人と比べなくなったから、やること全部が楽しくできてる。笑ってやっていきますよ。

TH:ところで、さっきの肯定力って番組そのものですね。「あなたの好き、肯定します」って。

大谷:肯定しますよ?! そういえば、イベントでカッコいいTシャツ作ったんだけど、そうじゃない「肯定します」って書いてあるほうが人気なんだよね……(笑)。

※次回放送は2月19日。