DOBERMAN INFINITY 3周年特別記念公演 「iii -three-」開催決定

 2月11日(土)から全国14公演に及ぶホール・ツアーをスタートさせるDOBERMAN INFINITY。彼らが、5月13日(土)と14(日)の2日間、幕張メッセにてグループ結成3周年を記念したスペシャル・ライヴ・イベント『DOBERMAN INFINITY 3周年特別記念公演 「iii -three-」』を開催することを発表した。

〈結成してから3年間支えてくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めたお祭り騒ぎ〉がテーマという今回は、昨年11月リリースの2ndアルバム『TERMINAL』を引っ提げて巡る全国ホール・ツアーとは、セットリストや演出などもまったく異なる内容になるとのこと。結成から3年で蓄積してきた熱い想いは、果たしてステージ上にいかに再現されるのか?

 長くHIP HOPシーンで活動してきたKUBO-C、GS、P-CHOという3人のラッパーに、劇団EXILEのメンバーで野替愁平名義で俳優としても活躍するラッパーSWAY、ヴォーカリストのKAZUKIが加入してDOBERMAN INFINITYとして2014年に始動以降、2015年に2枚のシングルと初のアルバム『THE LINE』を発表、2016年には初の全国ツアーに加えてインテックス大阪と幕張メッセというアリーナ規模での追加公演も大成功させるなど、破竹の勢いで急成長を遂げてきたメンバー5人。HIP HOPを中心としたストリート・カルチャーをバックボーンにしながら、日本の音楽界において新たな風を巻き起こしてきた彼らだけに、3周年を期に用意されたスペシャルな2デイズにも期待は膨らむばかりだ。



【DOBERMAN INFINITYコメント】
「結成以来、5人自身が熱望して来たのはもちろんなのですが、応援してくださるみなさんとともにDOBERMAN INFINITYとして全国アリーナ・ツアーを実現したいという夢へ向かって走り続けてきました。そして、活動3周年を迎えた今、改めて夢を思い描いているだけではなく、実現のためにさらなる一歩を踏み出すべき時期が来たと感じています。今回のライヴでは、参加してくださる方々とこれまでの想いを再確認することで、みなさんと一緒に夢を叶えるべく必ずや大きな手応えを得られると信じています。3年目のDOBERMAN INFINITYの底力を感じていただけたらと思います」