平面の奥へ。『エリザベス ペイトン:Still life 静/生』 – TOKYO HEADLINE