【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】おーる日本料理×NEW YORK(恵比寿)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
ローストポークチョップ(写真すべて5000円のコースより)
 新しいお店が次々とオープンし今話題の恵比寿に、日本料理の伝統とニューヨークキュイジーヌの革新が同時に味わえる店ができたというタレコミがあり、早速調査開始! 駒沢通りに面した、恵比寿駅からすぐの新しいビルの7階にある「おーる 日本料理×NEW YORK」がお目当ての店。

 初来店ということで、お店のおススメコースをオーダー。5000円と非常にリーズナブルだが、メニューは「生うに和牛巻き」「ロブスターとブラーターチーズ」「白子茶碗蒸し蓮根すりおろしあん」「ずわい蟹のコロッケ 蟹味噌のタルタル」「ローストポークチョップ」「のどぐろ炊き込みごはん」「本日のデザート」(ちなみにこの日は「フレッシュベリーフレンチトースト」でした)。どうよ、このラインアップ。めっちゃ楽しいじゃないっすか。不変の和食にトレンド最先端のニューヨークの自由さを注入したというだけありすっごく軽やかで、見て楽しく食べておいしいコースになっている。

 例えば「ロブスターとブラーターチーズ」はモッツアレラチーズの中に、生クリームが入ったクリーミーな口当たりと、酸味と甘みのバランスがいいブラーターチーズとロブスター、そしてトマトを一緒に食べるのだが、これがなんとも言えない絶妙なハーモニーを奏でるのだ。めっちゃ合う! しかも、初めての味わい! また「白子茶碗蒸し蓮根すりおろしあん」は、真っすぐな和食。出汁の味も、鼻先に香る柚子の香りも、もちろん白子の食感と味もパーフェクトな茶碗蒸し。ううう…日本人に生まれて良かったー! と食べるごとに実感する探偵であった。すべてに満足したあとに出てきた〆の「のどぐろ炊き込みごはん」は、絶妙な加減の味付けで、お腹いっぱいなのに、何杯でもお代わりしてしまいそう。日本料理と楽しい創作料理を両方楽しめる店に認定!
1.ロブスターとブラーターチーズ  2.白子茶碗蒸し 蓮根すりおろしあん 3.ずわい蟹のコロッケ 蟹味噌タルタル 4.のどぐろ炊き込みごはん
おーる 日本料理×NEW YORK
【住所】渋谷区恵比寿西1-9-7 GRANBELL EBISUNISHI 7F【TEL】03-6455-1253【営業時間】ランチ:11時30分?15時/ディナー:17?26時(L.O.25時)【定休日】不定休
こころの健康づくりを提案「タニタカフェ有楽町店」
鳥取すいか、今年も“デカい!甘い!みずみずしい!” 
日本とブラジルが融合した新感覚ラーメン「麺GARAGE 肉ヲ見ル/麺酒場 肉ト呑ム(三軒茶屋)」
“世界初”香りデータを元にした料理が楽しめるレストラン
三軒茶屋に食のトレンドビルGEMS誕生!
春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…