一木美里のおいしくたべようの会 vol.30『ココナッツフラワースコーンの朝』#グルテンフリー #わたしのレシピ

一木美里です。
年度末が近づいて、出逢いと別れの季節だなぁと思う今日この頃です。
今週末はWOMBにて【TAKU TAKAHASHI presents INTERGALACTIC】に出演させtていただきます♪
http://misatoichiki.com/ に出演情報がUPされるので、ぜひチェックしてくださいね☆
海外のオーガニックスーパーに行くと必ず見かける、
【Bob’s Red mill 】のグルテンフリーのフラワーシリーズ。
オレゴン州ミルウォーキーの
グルテンフリーの粉も何種類もあって、
いつもまとめて買い。
グルテンフリーが本当に身体にいいのか、という説もあるけど
できるだけグルテンを抜く生活を続けていると、
身体が疲れづらくなったり、
むくみずらくなったり、
女性たちはPMSが軽くなる、とも言う。
バターと砂糖がたっぷりの小麦粉スイーツももちろんおいしいけど
グルテンフリーで砂糖を使わないスイーツは
なんだか優しい味がする気がして
これはこれで別のおいしさがあると思う。

ボブズレッドミルのシリーズの中でもお気に入りなのは
ココナッツフラワー。
パサパサしやすくて、
牛乳よりも白湯の方が相性がいいような粉。

少しのココアと、
アルミフリーのベーキングパウダーを一振り、
白湯と、溶かしたたっぷりのココナッツオイルと、
常温に戻した卵を一つ入れてまとめる。
スコーンを焼くときは
人差し指と中指、そして親指で丸をつくって、
指2本分の厚みで形づくっていく。
指でつくるまるの感触が、
よく言う‘‘耳たぶみたい’7な感触より
すこし固いくらい。
そのくらいだとちゃんとまとまって
ひび割れてしまわない。
15分しっかり焼いた。

大量に入れたオイルのおかげで
しっとりしたスコーンに
少しのシロップとココナッツシュガーをかけて食べる雨の朝。

別れが増える季節は肌だけじゃなく、
心も乾くから、
せめて好きなものを食べて出掛けたいな。


【わたしのココナッツフラワースコーン】
ココナッツフラワー、ココナッツオイル、ココア、ベーキングパウダー、卵、白湯、ココナッツシュガー、メープルシロップ
一木美里 Misato Ichiki
歌手、DJ、SamanthaThavasaグループブランドレップ。
1989年12月6日生まれAB型。学生時代より読者モデル、リポーター、バックダンサーなど多岐に渡って活動。
SNSや雑誌を通してファッション、ライフスタイルを発信中。
【公式instagram】?? https://instagram.com/misato_ichiki/
【江戸瓦版的落語案内】皿屋敷(さらやしき)
脱こじらせへの道 第50回 性欲と美容の相関関係って?
【鈴木寛の「2020年への篤行録」】第46回 日本の高校が輩出するグローバルリーダー
【江戸瓦版的落語案内】あたま山(あたまやま)
黒谷友香『友香の素』vol.176 最近の「読書」。
【長島昭久のリアリズム】変貌するアジア太平洋地域と日本の安全保障(その弐)