WBC 日本は準決勝でアメリカに1−2で惜敗

一度は菊池のホームランで同点に追いついた日本だったが…(写真:AP/アフロ)
 野球の国・地域別対抗戦「第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の準決勝(21日)で日本はアメリカと対戦。1?2で今大会初黒星を喫し、敗退した。

 日本は先発した菅野(巨人)が4回、マカチェン(パイレーツ)に左前へ適時打を浴び、先行を許したが、6回1失点と好投。しかし打線が6回の菊池(広島)のホームランの1点に抑えられてしまう。

 7回からは今大会好調の千賀(ソフトバンク)を投入。7回は3者連続三振に打ち取ったが、8回1死二、三塁からサードの松田がファンブル。勝ち越し点を奪われ、接戦を落とした。

 小久保監督は試合後、「投手は本当によく投げた。(米国は)1番から9番までバリバリのメジャーリーガー。チームでは3、4番を打っているような相手に本当によく投げた」とねぎらった。そして小久保監督は退任の意向を示した。

 22日の決勝はプエルトリコvsアメリカで行われ、8?0でアメリカが勝利を収め、悲願の初優勝を飾った。