ロンドン五輪金メダル村田がついに世界挑戦

トリプル世界戦を行う比嘉大吾、村田諒太、拳四朗(左から)(写真:山口裕朗/アフロ)
 ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級2位の村田諒太が5月20日に東京・有明コロシアムで世界王座に初挑戦することが3日発表された。同級1位のアッサン・エンダム(フランス)と王座決定戦を行う。

 村田はこの日、東京都内で記者会見し「自分という人間が強いのか弱いのか、証明できる。楽しみ」と意気込みを語った。

 村田は2013年8月にプロデビュー。3年9カ月でついに世界に王手をかけた。

 ここまで12戦を戦い、全勝(9KO)なのだが、デビュー翌年には2試合連続判定勝ちとやや足踏みした時期もあった。しかし昨年は4試合を戦い、いずれも4RまでにKO勝ちを収めるなど自信を深め、満を持しての今回の世界挑戦となった。

相手のエンダムは37戦35勝(21KO)2敗の33歳。プロの出場が全面解禁された昨年のリオデジャネイロ五輪にライトヘビー級で出場している。