【『SSFF & ASIA 2017』6月1日開幕】Vol.1 ついに米国アカデミー賞受賞監督が誕生!今年はどんな才能が!?

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017』
原宿から生まれた国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』が今年も6月1日から開幕することが決定。映画祭開催に合わせ、毎回見どころ&最新ニュースを紹介!

【写真左】本年度の米国アカデミー賞短編実写部門を受賞したクリストフ・デアーク監督(写真:ロイター/アフロ) 【写真右】昨年の映画祭でグランプリに輝いたデアーク監督。まさにオスカーへの道が開かれた瞬間!
 米国アカデミー賞公認のSSFF & ASIAでは、毎年グランプリに輝いた作品が翌年開催の米国アカデミー賞選考対象となることから、登竜門としてSSFF & ASIAを目指す映画監督が日本のみならず海外にも少なくない。これまでも、SSFF & ASIAで観客賞を受賞した後ハリウッドで成功したジェイソン・ライトマン監督など、数々の才能を輩出してきたが、ついに今年、待望のオスカー監督が誕生した。

 昨年の『SSFF & ASIA 2016』でグランプリを受賞したクリストフ・デアーク監督が、本年度の米国アカデミー賞短編実写部門で見事オスカーを獲得。「私たちのオスカーへの旅は『SSFF & ASIA 2016』でグランプリを受賞した瞬間から始まりました。有名な映画祭で賞を取ったのは初めてのことで、それが無ければアカデミー賞受賞は不可能だったと思います」とデアーク監督は喜びの声を寄せている。

 デアーク監督の受賞を経て『SSFF & ASIA 2017』では、どんなオスカー監督候補が誕生するのか、ますます楽しみに。今年の映画祭のテーマは「cinemaTIC! cinemaTEC!」。今も変わらず人々を魅了し続ける映画文化と、最新テクノロジーが切り開く映画の新たな可能性に注目し、世界中から選りすぐりのショートフィルムを一挙上映。もちろん今年も無料上映! 昨年に続き、フェスティバルアンバサダーには映画ファンにおなじみのLiLiCo。EXILE TRIBEとSSFF & ASIAとのコラボ企画〈CINEMA FIGHTERS〉6作品のプレミア上映など、注目上映も続々決定。主な作品の鑑賞予約は4月18日から。公式サイトをチェックして早めの予約を!
『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017』

【期間】6月1日(木)?25日(日)【上映会場】東京5会場、横浜1会場 計6会場予定【料金】無料上映(事前予約はPeatixにて4月18日より開始。当日券あり)※一部、有料イベントあり【URL】 http://www.shortshorts.org/