GENERATIONSの素顔が知れる


 男性ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが4月17日発売の女性ファッション誌「JELLY」6月号の表紙に7人全員で登場。JELLYで表紙を飾るのは、2015年10月号以来2度目となり、約2年前の初表紙のときよりも、実力も人気もパワーアップさせた7人が表紙を飾る! 

 中面では、それぞれ大人の魅力をグッと増した「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のクールな表情はもちろん、仲の良さが感じられる撮り下ろしビジュアルを4Pにわたって披露。また、合わせてインタビューもたっぷりと掲載されている。今回のインタビューは、片寄&数原、白濱&佐野、関口&中務&小森の3組に分かれた、JELLYでしか見られないスペシャルな対談形式となっている。

 まずは、それぞれに新曲『太陽も月も』についてインタビュー。今作ついて数原は「曲の冒頭にもあるのですが、恋愛は表裏一体だということを伝えている曲です」、片寄は「恋愛の歌詞をロックサウンドに乗せて力強く歌うというのも、新しいGENERATIONSのスタイルかなと思います」と語った。続けて白濱は「メリハリがあり、ストーリー性も感じられる。最初から最後まで見ていて飽きないダンスになっていると思います」とパフォーマンスについて語った。



 さらに、普段は聞けないお互いのプライベートな部分を深堀り。対談ということもあり、「(片寄は)レコーディングのようにスタッフさんしかいない場所でもちゃんとオシャレして来たり、王子様キャラを崩さないんです」「最年長の(関口)メンディーくんがよくごちそうしてくれます」「(中務)裕太くんは今ミシンにハマっていて、リメイクデニムをメンバーにくれたり、誰かのために何かしてあげるのが好き」など、ステージでは見られない素顔が知れる貴重なインタビューとなっている。それぞれの組に分かれて撮影した、クールなだけじゃない意外な表情が見られるショットにも注目だ。

 JELLY6月号では、その他にも「やりたいのはシンプルなオシャレ!」と銘打たれた大特集で、オシャレな最旬シンプルスタイルを32ページにわたる大ボリュームで展開している。
サマソニのヘッドライナーにベックとノエル・ギャラガー決定、NINも出演
【編集部オススメ舞台】DRUM TAO『ドラムロック 疾風 総出演』
今市隆二がフォトエッセイ、三代目から恋愛観まで半生語る
フレンチブルドッグが関西弁で毒を吐く!?
新世代の音でキックオフ!【編集部オススメCD4選】
「役所広司が第4コーナーで迫ってくる」!? 西田敏行“対抗馬”を警戒!