4・16RIZIN 堀口が元UFC3位の実力見せ完勝 川尻は病床の友に捧げる勝利

堀口はKOこそ逃したが大きなインパクトを残した(撮影・小黒冴夏)
「RIZIN 2017 in YOKOHAMA-SAKURA-」(4月16日、神奈川・横浜アリーナ)で元UFCフライ級3位の堀口恭司がUFC離脱後、初の試合を行い、初代・第3代DEEPフライ級王者の元谷友貴を3-0の判定で破り復帰戦を飾った。

 UFCでは時の世界王者・デメトリウス・ジョンソンへ挑戦したこともある堀口は世界に名だたる“メジャー”ファイター。一方の元谷は国内軽量級のトップファイター。
 1R序盤、飛びヒザを狙った元谷を堀口が右フックで迎撃。ここから堀口がペースを握る。堀口の右フックが何発もヒットするが、元谷は食らいながらも果敢にタックルでテイクダウンに成功するなど持ち味を発揮する。しかし堀口は1R終盤、右フックでダウンさせるとパウンドからスリーパーであわや一本の場面を作る。堀口は2R中盤にはリフトしてテイクダウンを狙うなどフィジカルの強さも見せ、KO・一本こそならなかったものの、終始試合をリードし判定を制した。

 試合後のマイクで「初めまして。ちょっとUFCで名前が売れていたので、もっと強いと思っていたんじゃないかと思いますが、元谷選手が凄く強くてビックリしました。自分ももっともっと強くなります。そしてRIZINを盛り上げます。アイ・ラブ・ジャパン」と日本のファンにアピールした。
川尻が強烈なパウンドを打ち込む(撮影・小黒冴夏)
 メーンでは昨年大晦日の日本復帰戦でクロン・グレイシーの前に壮絶に散った川尻達也が再起戦に臨み、元UFCファイターのアンソニー・バーチャックに3-0の判定で勝利を収めた。

 試合はグラウンドでは川尻が上を取る場面が多かったものの、バーチャックは下からもヒジを放つなど、タフな殴り合いを展開。川尻は最終ラウンドにマウントを奪うとパウンドを落とし、川ちゃん固め(肩固め)を狙うが、バーチャックは極めさせない。ならばとパウンドに移行しKOを狙った川尻だったが、マウントを取られながらもバーチャックも下から打ち返すなど気迫あふれるファイトを見せ、そのままゴング。川尻が判定でRIZIN初勝利をあげた。

 川尻はマイクで「やっと勝てた! どうしても勝ちたかった。一本取れなくてごめん。今、僕のジムの仲間が20歳という年齢で白血病と戦っています。そいつは病気に負けず絶対にジムへ戻って来ると約束してくれました。俺も勝つと約束したから、どうしても勝ちたかった。ダイキ、次はお前だ」と闘病中の仲間にメッセージを送った。
【写真左】アミール・アリアックバリはジェロニモ・ドス・サントスに1RでTKO勝ち 【写真右】石井慧(上)はヒース・ヒーリングに何もさせずに判定勝利(撮影・小黒冴夏)