竹原ピストル 映画『永い言い訳』Blu-ray・DVDリリースで、いま最も気になるこの人を直撃!

シンガーソングライターとして役者として、新たなファンが急増中! 松本人志監督の『さや侍』や、名わき役総出演で話題を呼んだドラマ『バイプレイヤーズ』など、その音楽で強烈なインパクトを放つ竹原ピストルが、役者としても絶賛された映画『永い言い訳」』を語る!
撮影・上岸卓史
「絶対一人で見ますよ、恥ずかしいじゃないですか! 赤面したりニヤニヤしたりしながら一人で見ます(笑)」と映画『永い言い訳』のBD・DVDリリースを楽しみにしつつも照れる竹原。本作では本木雅弘演じる主人公の小説家・衣笠幸夫が出会うトラック運転手・大宮陽一を好演し日本アカデミー賞優秀助演男優賞に輝いた。

「本編もですけどメイキング映像なども楽しみですね。未公開シーンも収録されているんですよね。NGシーンも? それは怖いなあ(笑)」

 NGシーンに心当たりが?

「具体的なNGシーンではないんですが、撮り終えて思ったのは、もう少し自分に即興性があればな、ということなんです」

 現場で西川美和監督から即興性を求められていた?

「娘役の(白鳥)玉季ちゃんからです(笑)。もう、その場で思いついたことをどんどん話しかけてくるので、それに応える芝居をしなきゃいけなくて。お兄ちゃん役の健心くんはもう大人と対等に話ができる年齢だったけど、玉季ちゃんは当時4?5歳の天真爛漫なころで、次に何を言ってくるかまったく予想がつかない。話しかけられそうになっただけで、もう内心ドキドキでしたね(笑)」

 本作では妻に先立たれ複雑な感情を抱えながらも懸命に絆を守ろうとする率直な人物を、自然体で表現した竹原。そんな演技を引き出した一人が本木雅弘だ。

「本木さんと初めてお会いしたときのことなんですけど“初めまして、竹原ピストルです”とあいさつした瞬間に、本木さんが僕のレパートリー曲の一節をノリノリで歌いだしたんですよ。以降、僕にとっての本木さんはずーっと、そんな方です(笑)。現場でもよく僕の歌を口ずさんだり、歌の感想を聞かせてくださって、ほめていただいたりして。それが安心感を与えてくれたというか、俺みたいな者がここにいていいんだろうか、みたいな気持ちを取り除いてくれたんです。僕のことを肯定してくれる人。甘えたくなるけど甘えちゃいけないとも思う、尊敬する人です」

 その感性にも共感を得た様子。
「僕が言うのもおこがましいんですけど
ね、本木さんの持っていらっしゃる言語感覚というのか、感性にすごく憧れを感じたんです。だから本作の撮影が終わってからしばらく経ちますけど、新曲ができるとデモテープをとって誰よりもまず先に本木さんに聞いていただいたりしてるんですよ」

 本木にもセンスの近さを感じた?

「ちょっと似ているかもと思ったのが、こういう気持ちを伝えたいと思うとき、なるべく寸分のギャップ無く伝えたいがために、言葉が連なっていくところです(笑)。自分の思い描いている100%をどうにかこうにか伝えようとバーッと話してしまう。ときどき“で、何の話でしたっけ”となっちゃうこともあるんだけど(笑)、本木さんの場合そこに至るまでの、散文のように言葉が紡がれていくさまが、すごく面白いんです。思ったことをちゃんと伝えたいというその几帳面さと繊細さ、それでいて言葉選びの面白さ、にじみ出る経験が話を豊かにしていて」

 そういえばそのTシャツって…。

「本木さんが僕の名前入りのTシャツを着てくださったことがあって、じゃあ僕も、と作りました(笑)」

 西川監督からも大きな刺激を得た。

「西川監督の作品では『ゆれる』と『ディア・ドクター』を拝見していました。僕がすごく好きな種類の痛みや温もりが描かれていて、その描写というか視点にとても引きつけられていました。僕は、すぐその辺にあるリアルな喜怒哀楽に目を向けている作品って好きなんですよね。西川監督はそれを鋭い視点でとらえて、ときに文章でときに映像で表すことができる人なので、僕からしたら畏怖の対象というか、恐ろしい人だなと思っていました(笑)。こっちのこともすべて見透かされているんじゃないか、駆け引きめいたやりとりは通用しない人なんだろうな、と。逆にいうと、すべてを察してくださるので、演出のやりとりは楽でしたし指示も分かりやすかったですよね」

 絶賛相次ぎ、役者・竹原ピストルとしての自覚も強まったのでは。

「うーん、それは…無いですね(笑)。役者としての自負を持つにはまだまだということは、自分が一番よく分かっているんで。熊切和嘉監督の『青春☆金属バット』のときも本作もそうなんですけど、いわゆる役作りというものを自分自身でできなくて、何でもかんでも監督とのやりとりのもとでやってきたものですから。今回も、西川監督が作ってくれた陽一を夢中で演じていただけなんです。自分としては精いっぱいやりましたけど、土台は間違いなく監督が作ってくださったものですから」

 一方で、西川監督が陽一の土台として竹原そのものを求めていた、とも言える。

「西川監督もそんなことをおっしゃってくださっていて、自分に何かを感じ取っていただけるというのは本当にうれしいことだと思っています。ただ、監督たちが僕の中に何を見ているのか、どこをどう気に入ってくださったのか自分ではとらえきれてなくて。なんかあるんだろうな、くらいで(笑)。その何かを見出して起用してくださっているんだと思うと本当にうれしいし、同時に、それが何なのか自覚できない自分は役者というにはまだまだなんだろうな、と。そこまで把握してコントロールするのが、その道一筋の人でしょうからね」

 竹原ピストルの中にある“何か”。それは彼の歌を聞けば分かる気がする。
「この先、この登場人物たちに明るい未来が待っているかどうかは分からない
。でもそのリアルな描き方が、陽一たちと幸夫くんが過ごした日々をより輝かせるんだと思うんです。西川監督は本当のことは本当のこととして描くことができる人。僕自身も、そういう歌を歌っていきたいと思っています」(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
c2016「永い言い訳」製作委員会
映画『永い言い訳」』DVD/Blu-ray発売中

発売・販売元:バンダイビジュアル
価格:DVD 3800円 Blu-ray 5200円(各税別)
原作・脚本・監督:西川美和/出演:本木雅弘、竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、深津絵里他 

竹原ピストルニューアルバム「PEACE OUT」発売中

初回限定盤:3300円 通常盤:2900円 (各税別)販売元:ビクターエンタテインメント