武居由樹がK-1第2代スーパー・バンタム級王座に輝く

【写真上】武居は1回戦でオルデンを 【写真下】準決勝では石田をKOで破る(撮影・小黒冴夏)
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」(4月22日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で行われたスーパー・バンタム級王座決定トーナメントで武居由樹が優勝。第2代王者となった。武居はKrush-53kg王座と合わせて2冠王となった。

 武居は1回戦でスペインのアントニオ・オルデンと対戦。初の国際戦で一つ上のフェザー級でも戦い階級を落としての参戦となったオルデンのパワーに手を焼く場面もあったが、スピードとテクニックで徐々にペースをつかむ。3Rにはオルデンがヒジ打ちを放ってしまい、口頭注意が与えられる。以降、動きが鈍ったオルデンに武居は右ボディーでダウンを奪う。オルデンは組みつきが多くなり、もつれて投げられるような場面もあったが、武居は右ハイから右ボディーを放つとオルデンは背を向けかがみこむ。レフェリーがダウンを取って、武居がKO勝ちを収めた。

 準決勝は初代王者・武尊のチームメイトの石田圭祐。石田は武尊が王者だったことから挑戦のチャンスに恵まれなかったが、陰の実力者ともいえる存在。1回戦でチャールズ・ボンジョバーニを2RKOで破り、その実力を見せつけ準決勝に上がってきた。
 しかし武居は1R、ガードのすき間から左ストレートを打ち込みダウンを奪うと、立ち上がった石田に右フック3連発で2度目のダウンを奪いKO勝ち。ほぼノーダメージで決勝に勝ち上がった。
武居(左)の強烈なパンチが久保の顔面を襲う(撮影・小黒冴夏)
 決勝の相手は久保憲司。

 久保は復帰戦でいきなりのトーナメント参戦に「いきなりトーナメントかよ?」(寺戸伸近)という声もあったが、1回戦で中国のソン・ダーチェンを判定で破ると、準決勝ではかつてKO負けを喫している寺戸に得意のパンチでKO勝ちと、そんな声を黙らせる試合内容で勝ち上がってきた。

 久保はキックボクシングからボクシングに転向していた時期もあるのだが、武居はそんな久保にキックばかりではなくパンチの技術でも圧倒。上下に打ち分け、ガードが固められるとアッパーでこじ開けるなど、多彩なパンチで追い込むと、久保の左目はみるみるはれあがる。武居は3RにはあわやKOの場面も作ったが、顔面を大きくはらしながらも最後まで立ち続けたのは久保の意地か。判定となったが、3者とも30-27のフルマークで武居が圧勝した。
試合後、久保(右)は勝者を称えた(撮影・小黒冴夏)
 武居は試合後「トーナメントに出場した7選手、対戦してくれた3選手、ありがとうございました。ここまで来れたのは会長とかあちゃんとジムの仲間、応援してくれた皆さんのおかげです。もっと強くなります。これからも応援よろしくお願いします」と挨拶した。会見では「今回、階級を上がったからという不安は全く無かった。最後は久保選手の気持ちが強かったので倒せなかった」などとトーナメントを振り返った。

 Krushの-53kgとの2冠王になったが、今後については「ジムのみんなや会長と相談しながらやっていきます」と話した。

 久保は試合後、大きく顔をはらしたまま会見に臨み「武居選手はすごく強かった。完敗。1R目で目がつぶれた。今後については、“まず優勝”という絵しかみていなかったので…。優勝して言いたいことはたくさんあった。優勝したらスーパー・バンタムを引っ張っていきたいと思っていたが、準優勝で終わったいま、ちょっといま名言は避けたいかなというところはあります。ただ、K-1のリングは最高でした」と話した。