【『SSFF & ASIA 2017』6月1日開幕】Vol.3 各業界人も大注目! 進化する広告映像

国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』。今回は、企業や広告会社が制作したブランディングを目的として作られたショートフィルムを取り上げる部門 『Branded Shorts』 に注目。
6月7日に行われる『Branded Shorts of the Year』授賞式では、女優・映画監督として活躍する黒木瞳がメガホンをとった、ネスレ日本による新作ネスレシアター作品も披露される
 企業や広告会社によるブランディングを目的としたショートフィルム制作が広がりを見せているなか、SSFF & ASIAでは昨年から 『Branded Shorts』部門を設立。国内外の優れた“ブランデッドムービー”を紹介した。今年から公募制となったことで、日本のみならずアメリカやノルウェー、フランス、フィリピンなど国内外から多彩な作品が集結。

『Branded Shorts』部門では、7つの視点(シネマチック、ストーリーテリング、エモーショナル、アイデア、オリジナリティ、プロダクションクオリティ、グローバル性)をもとに作品が審査され、海外企業と国内企業の各カテゴリで優秀作品が決定する。多数の応募の中から厳選された上映作は、いずれもシンプルな広告目的の映像とは一線を画し、あくまで一つの短編映画でありながら、作品を通して企業やブランドのコンセプトや訴えたいテーマ、世界観を表現するという、秀作揃い。初の公募制となった今年の審査員9名も決定した。

 また、6月7日の表彰式当日には、いち早く動画ブランディングに取り組んできたネスレ日本がプロデュースするグローバルカンファレンス「ブランディングと映像クリエイティブの最新動向」(出演:映画監督・本広克行ほか)や、黒木瞳がメガホンをとったネスレ日本の新作ショートフィルムを発表する。
BRANDED SHORTS 審査員:1.審査員長・崔洋一(映画監督)2.犬山紙子(エッセイスト)3.北田淳(コンデナスト・ジャパン 社長)4.関根光才(映像作家)5.高崎卓馬(株式会社 電通)6.高野文隆(株式会社アサツー ディ・ケイ) 7.長谷部守彦(株式会社 博報堂)8.山戸結希(映画監督)9.行定勲(映画監督)/全9名 ※敬称略、五十音順
『Branded Shorts』部門【上映期間】6月5日(月)?9日(金)【会場】アンダーズ東京 Andaz Studio(虎ノ門)【料金】上映無料 
★「Branded Shorts of the Year」授賞式【期日】6月7日(水)【会場】act*square恵比寿【料金】無料 
★トークイベント「エモーショナルなブランデッドムービーとは何か??メディアを横断するブランドデザイン?」【期日】6月8日(木)【会場】アンダーズ 東京 Andaz Studio【料金】無料 
※各詳細および鑑賞予約は公式ページにて