アーサー王の伝説が新感覚ソードアクションとして復活!『キング・アーサー』

c2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『スナッチ』『シャーロック・ホームズ』シリーズの人気監督ガイ・リッチーがメガホンをとり、誰もが知る“アーサー王の伝説”をモチーフに描く新感覚のアクションエンターテインメント。両親を殺されスラムで生きてきたタフな主人公・アーサーを演じるのは『パシフィック・リム』で注目を集めたチャーリー・ハナム。本作のために、筋肉を9キロも増量したというチャーリーの肉体美と、迫力満点のアクションは必見。街のごろつきであり、飢えたオオカミのように戦いながら成長した男を体現している。アーサーの叔父であり、宿敵のヴォーティガンには『シャーロック・ホームズ』でワトソンを好演したジュード・ロウ。イギリスを代表するイケメン俳優が、かつてない極悪非道な悪役に徹しているのも見どころだ。アーサーの父・ユーサー王を『スター・トレック』のエリック・バナが演じる。さらに、リッチー監督の親友であり、監督の前作『コードネーム U.N.C.L.E.』にもカメオ出演したデヴィッド・ベッカムが、聖剣エクスカリバーを管理する兵士という役どころで出演。

 クールでスタイリッシュなアクションにも定評のあるリッチー監督作だけにソードアクションの演出も斬新。360度カメラやドローン撮影による多角的でダイナミックな映像に加え、ハイスピード撮影を駆使したソードアクションも爽快感満点だ。
STORY:両親を殺され、スラムの売春宿で一人貧しく生き抜いてきた青年アーサー。しかしその正体は、かつてのイングランド王・ユーサーの一人息子だった。兄であるユーサーを殺したヴォーティガンは今や暴君として君臨していた。しかし聖剣エクスカリバーと出会ったアーサーは亡き父にに代わり王座を奪還するという自らの運命を知る。

監督:ガイ・リッチー 出演:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、エリック・バナ他/2時間6分/ワーナー・ブラザース映画 配給/6月17日より丸の内ピカデリー他にて公開  http://king-arthur.jp