6・18 K-1 アラゾフが第2代Sウェルター級王座獲得

城戸(左)は準決勝で昨年敗れたダルベックに雪辱を果たす(撮影・小黒冴夏)
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」(6月18日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で行われたトーナメントの決勝で城戸康裕とチンギス・アラゾフが対戦。アラゾフが3-0の判定で勝利を収め、第2代王者となった。

 城戸は1回戦でイギリスのルーク・ウィーランと対戦。1Rからプレッシャーをかけてコーナーに追い詰め強烈なパンチを放つウィーランに城戸は右ローで応戦。徐々にローを効かせると今度はヒザをボディーに叩き込む。城戸は下がるウィーランを追ってなおもヒザをボディーに打ち込み、2R終了間際にダウンを奪う。3Rになってもダメージの残るウィーランに城戸は右ローで左足を破壊すると左ミドルから右フック。下がるウィーランを追いかけパンチの連打を放つとウィーランは戦意喪失しダウン。そのまま立ち上がれず、城戸がKO勝ちした。

 準決勝は廣野祐を2RTKOで下したサニー・ダルベックと対戦。昨年11月に対戦しKO負けを喫している城戸が今回は1R2分28秒、KOで勝利を収め雪辱を果たした。

 距離をとって戦う城戸は左ローから右ジャブのコンビネーションを見せると、ダルベックの右足のヒザ上に強烈な前蹴り。この一撃で右足を痛めたダルベックは右足をつけない状態に。そこにローの連打でダウンを奪うとダルベックは立ち上がることができず、城戸がほぼノーダメージで決勝に勝ち上がった。
アラゾフ(奥)は異次元の強さでピケオーにKO勝ち(撮影・小黒冴夏)
 一方のアラゾフは今トーナメントの台風の目ともいわれる存在。1回戦は中島弘貴と対戦。1R序盤から軌道が同じ左の蹴りで中島を翻弄。左フックに左ボディーで中島をぐらつかせる。2Rになってもその勢いは止まらない。左の多彩な蹴りとヒザ、そしてパンチのコンビネーションも冴え渡り、中島に反撃の糸口すら与えない。アラゾフはガードの隙間から左ヒザを顔面に叩き込み1回目のダウンを奪う。なんとか立ち上がった中島だったが、アラゾフは左フック、左ハイ、左アッパーと連打で追い込むと、今度は右ヒザを顔面に叩き込み、左ショートアッパーとつないで2度目のダウンを奪い2R1分18秒、KO勝ちを収めた。

 準決勝は日本の日菜太を判定で破ったジョーダン・ピケオーと対戦。ピケオーはプレッシャーをかけてパンチで勝負に出るが、アラゾフは左のローにハイ、そしてフックで徐々にペースをつかむ。顔面にノーモーションで食らった左フックでピケオーは鼻から出血。ピケオーが右を放つところにアラゾフが強烈な右フック一閃。ピケオーはばったり倒れ、1R2分17秒、KOでこちらもアラゾフがほぼノーダメージで決勝進出を果たした。
【写真上】アラゾフのキックが城戸を襲う 【写真下】表彰式で城戸はアラゾフのマイクを奪い「誰が呼んだんだ。強すぎだろ。もう来るな」と仰天パフォーマンス(撮影・小黒冴夏)
 決勝は城戸vsアラゾフ。コーナーを背にしながら距離を取って戦う城戸にアラゾフの左のキックが襲う。城戸もキックで応戦。ジリジリとした緊張感あふれる攻防が続く中、1R終盤、城戸が左ハイキックを放つが、その打ち終わりにアラゾフは左ローから左ストレート一閃。城戸からダウンを奪う。ここまでの2試合で絶対的な強さを見せつけてきたアラゾフとあって、会場にあきらめムードが漂ったが、2Rに入っても城戸は冷静に自分の戦い方を貫く。決めにかかり前がかりになるアラゾフ。その左前蹴りに合わせ城戸が左ストレート一発でダウンを奪い返し、ポイントをイーブンに戻す。

 勝負の3R。互いに勝負にいく中、アラゾフは城戸をロープにつめ左ストレートで飛び込んでダウンを奪う。後がない城戸は前に出るが、今度はカウンターの右ストレートを食らい2度目のダウン。立ち上がり必死の反撃を見せる城戸。足にきてスリップダウンをしてもすぐに立ち上がり立ち向かう。しかしアラゾフをとらえきれず、無念のゴング。ジャッジ3者とも28-25の3-0の判定でアラゾフが勝利を収めた。