萬斎が満を持して演出を手掛ける 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演 『子午線の祀り』

(撮影:久家靖秀)
 世田谷パブリックシアターは今年開場20周年を迎えたことから、4月からさまざまな「開場20周年記念公演」を行っており、本作もそのひとつ。

 戦後の日本演劇界を代表する劇作家・木下順二の「平家物語」を題材とした不朽の名作で平家物語の一ノ谷から壇ノ浦までを平知盛と源義経を中心に描いている。

 1979年の初初演時は、総合演出者の宇野重吉のほか能の観世榮夫らさまざまなジャンルの重鎮が演出に名を連ね、ジャンルを越えて壮大な一本の作品を作り上げた。本作においてはこの時期を「第一期」、観世榮夫らが演出を務めた1999年の新国立劇場公演と2004年の世田谷パブリックシアター公演を「第二期」としているのだが、今回の上演は「第三期」の幕開けとなるものとも位置付けられるといえるだろう。

 野村萬斎は第二期から平知盛役を演じ、今回、満を持して演出も手掛ける。これまで古典芸能を現代劇に融合させ、新たで大胆な手法を用いてきた萬斎が伝説と化しているこの作品にどう挑むのか…。また、これまで狂言師・歌舞伎俳優といった古典芸能の俳優が演じてきた義経役を小劇場出身の成河が演じるなど大胆なキャスティングも大きな見どころとなっている。
【日時】7月1日(土)?23日(日)(開演は1日14時、2日15時、3・5・6・13・14・19・21日18時30分、7?9・11・12・15?17・20・22・23日13時。4・10・18日休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)【会場】世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)【料金】全席指定 〈本公演〉一般 S席(1階・2階)8800円、A席(3階)5400円/〈プレビュー公演(1?3日)〉一般 S席(1階・2階)7300円、A席(3階)4400円 ※ほか高校生・U24以下は半額など各種割引あり【問い合わせ】世田谷パブリックシアターチケットセンター(TEL:03-5432-1515=10?19時[HP] https://setagaya-pt.jp/ )【作】木下順二【演出】野村萬斎【出演】野村萬斎、成河、河原崎國太郎、今井朋彦、村田雄浩、若村麻由美 他