7・30「RIZIN」「米がおいしすぎる!」堀口が日本米パワー?で所をKO宣言

シャードでは相変わらず軽快な動きを見せる
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND -夏の陣-」(7月30日、さいたまスーパーアリーナ)に出場する堀口恭司が19日、都内で公開練習を行った。

 堀口はバンタム級トーナメントの1回戦で所英男と対戦。この試合はメーンで行われることが発表されている。

 練習の拠点をアメリカに置く堀口は16日に帰国。「今ちょうど眠いところ」と時差ボケ中ではあったが、この日は1R2分のシャドーを披露。切れのいいパンチ、キックはもとより、高い打点の飛びヒザも披露。仕上がりの良さを感じさせた。
最後には飛びヒザを披露
 今回のトーナメントは本来のフライ級の一つ上のバンタム級で行われるのだが、堀口は「フライ級より減量は楽。体重は問題ない。増やしたいと思ったんですが、人間の体ってそんなにすぐには増えないですよね。それはしょうがない」と意に介さない様子。試合当日は所が当日計量時より大きな体で出てくることが予想されることに関しても「自分があこがれていたKIDさんは自分よりも体の大きい選手を倒してきた。自分もそんなあこがれのKIDさんに近づけるなって、ちょっとうれしい」と前向きにとらえた。

 メーンを任されたことについては「自分に任せてもらえて正直にうれしい。しっかり決める、盛り上がる試合をしたい」とし、試合展開に関しては「相手の戦い方に付き合わないで、自分の一方的な試合にしたい。自分はストレートが得意なんで、スタンドでのストレートかパウンドでのストレートで倒したい」とフィニッシュを予告した。
練習後にリラックスした雰囲気で取材を受ける堀口
 堀口が戦いの場をUFCからRIZINに移した理由のひとつに試合間隔と試合数の問題があった。今回は4月大会以来、3カ月間隔の試合となるが「ちょうどいい。もうちょっと早くてもいい(笑)。怪我がなければどんどんやりたい。10月も? ひょっとすると出るかもしれませんね(笑)」と話した。

 そして「こっちに帰ってくると米がおいしすぎて、米だけずっと食べてる。向こうではパサパサのカリフォルニア米しか食べられない。あれはあれでうまいな、って感じているんですが、こっちに帰ってくると比べ物にならないですね。コントロールしながらですが、結構食べちゃいます。とんかつとかラーメンとか結構こってり系が好きなんですよね」と久しぶりに食べる日本食が活力になっているよう。すべてをポジティブにとらえる堀口。所戦に向けて万全の状態を整えつつあるようだ。