Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第1回

第1回「ステージ上で撮った最初で最後の写真」
みなさん、こんにちは! Dream Ayaです。この度TOKYO HEADLINEさんで連載コラムをもたせていただくことになりました。題して【フォトバイアヤ】。私が撮った写真を紹介しながら、E.G.familyのクリエイティブマネージャーとしての活動や、プライベートの近況報告。さらに写真を取るときのワンポイントアドバイス(できるかな?)や、使用している機材について書いていく予定です。よろしくお願いします!

第1回目は7月16日に開催したE-girls LIVE 2017「E.G.EVOLUTION」で撮った写真を紹介したいと思います! この日は私のE-girls引退の日でもあり、自分の30回目の誕生日でもある特別な1日でした。15年間歌とダンスで、DreamとしてE-girlsとして活動してきた、集大成としてステージに立ちました。

今回選んだ2枚の写真は、アンコールが終わってお客さんに挨拶をしながら帰っていくときに撮った写真です。
ずっとステージ上で写真を撮ってみたいなという夢があったんですけど、「最後だしやっちゃえ!」と思って、メンバーにもスタッフさんにも内緒でカメラを持っていっちゃいました。

でもカメラのことを忘れてしまうくらい感極まっていて、アンコールが終わって帰ってる途中に「あっ! 撮ってない!」って気づいて撮ったのがこの2枚だったんです。
【メンバーの後ろ姿】この花道を歩き終わったら本当に終わりなんだなっていう寂しい気持ちと、この19人でE-girlsとしてここまでこれたんだなっていう誇らしさ。ここから頑張らないとなっていう覚悟を決めた瞬間でもありますね。
【星のキラキラ】いつもライブでは四角いキラキラが降ってたんですけど、今回は星型だったんです!
E-girlsからE.G.familyという新体制に変わって、そこには「1人ひとりの原石が星になった」という意味がこめられているので、「1人ひとりの輝き」をイメージして星の形にしてもらいました。やっぱり自分たちを象徴するものだなと思ったので自然と撮っていましたね。

カメラは富士フィルムのナチュラクラシカを20歳の頃から使っていて、今回もそれで撮影しました。フィルムはナチュラー1600という、暗い場所でフラッシュをたかなくても綺麗に撮れちゃいます。撮影は基本的にオートモードで構図も何も考えずに、撮りたいと思った瞬間にシャッターを押すだけ!

人を撮るのが好きで、私と相手との関係性や距離感が表れた瞬間をカメラに収めたいので、シャッターを押したいタイミングで撮れるオートっていうのが自分には一番向いているなって思っています。

【PROFILE】……Dream Aya(ドリーム・アヤ) E-girls、Dream Ami、DANCE EARTH PARTY、Happiness、Flower、ShuuKaRen、スダンナユズユリーが所属するガールズエンターテインメント集団「E.G.family」のチーフ・クリエイティブ・マネージャー。1987年7月16日生まれ、大阪府出身。

※Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】の次回更新は第3金曜日の11月17日を予定しています。
インタビューシリーズ【 LDH バトン ~ 夢 ~Vol.4】山下健二郎(三代目J Soul Brothers)
変貌するアジア太平洋地域と日本の安全保障(その八)/連載コラム「長島昭久のリアリズム」
劇団Rexy新作公演『風呂ダンサーズ』で座長を務める北野翔太さんにインタビュー・前編【脱こじらせへの道 第61回】
【5犬5色】やっぱりボストン・テリアに癒やされたい!
4DX特別招待券を毎回3組6名にプレゼント! 【4DX 体験コラム vol.1『鋼の錬金術師』4DX】
【6犬6色】やっぱりシベリアンハスキーに癒やされたい!