上野・不忍池が夜に光る!?/11月10日(金)の東京イベント

『TOKYO数寄(すき)フェス 2017』上野公園他にて本日10日開幕
鈴木太朗・ 空間演出研究所 「ミナモミラー」(11/17~19 日没後 不忍池)

 上野・谷中エリアを舞台にした都市型野外アートフェス『TOKYO数寄(すき)フェス 2017』が19日まで開幕。本日10日は15時30分より上野公園 噴水前広場にてオープニングセレモニーを開催する。
大巻伸嗣「プラネテス -私が生きたようにそれらも生き、私がいなくなったようにそれらもいなくなった-」 (夜イメージ)(展示:11/10~19 上野公園 噴水前広場)

 日本を代表するアーティストが多数参加し、噴水広場やボート池など見慣れた街の風景をアート空間へと変身させる。その土地の歴史や環境などに呼応したダイナミックな作品を鑑賞、体験することができる。
藝祭御輿 「上野 文化の杜賞 」受賞作品展示 (上野公園 噴水前広場)

 上野公園 噴水前広場では寛永寺の山門「文殊楼」をモチーフにした大巻伸嗣の大型インスタレーションを展開。弁天堂前広場では、アーティストの日比野克彦、国立科学博物館の人類学者・海部陽介、葦舟で航海をする探検家の石川仁という3者が異なるアプローチによる「上野造船所」を開く。

  空間演出研究所の鈴木太朗は不忍池をキャンバスにたとえ、光を不忍池に投影する作品を展開。
他にも、参加型のワークショップや体感型の作品、トークやコンサートなど連日、さまざまな企画が目白押し。

 文化と歴史の街、上野・谷中で、いつもと違ったアート体験を楽しんでみよう。
『TOKYO数寄(すき)フェス 2017』
【期間】11月10日(金)~19日(日) 10 日間
【場所】上野恩賜公園(不忍池一帯、噴水前広場 ほか)、東京国立博物館、東京都美術館、東京文化会館、谷中地域 ほか
【URL】:http://sukifes.tokyo/