東京都とニューヨーク市が相互観光PRパートナーシップ締結

 東京都と米ニューヨーク市観光局が「東京都&ニューヨーク市 相互観光パートナーシップ」を締結、10日、都庁でメディア発表会を行った。それぞれの都市からより多くの旅行者に訪れてもらうことが目的で、都と同市が相互に観光PRを行う取り組みは今回が初めて。

 小池都知事は「今回の取り組みは、より多くの旅行者を東京に誘致する上で、大変有意義であると思います。また、日本の皆様にもニューヨークを訪れていただきたいです」。

 ニューヨーク市観光局のフレッド・ディクソン代表は「世界有数の大都市であるニューヨーク市と東京都だからこそ実施できるコラボレーションに感謝します。東京はニューヨーク市と同じで、『Old meets New』を体現した街です。観光事業において、両都市が持つ魅力と文化を掛け合わせることで、より、成果を上げられると思います」と、期待した。

 パートナーシップ締結を記念して、それぞれのランドマークである東京タワーとエンパイア・ステート・ビルディングが東京都の新アイコン「Tokyo Tokyo Old meets New」のっシンボルカラーであるブルーにライトアップされる。東京タワーはきょう10日の日没から午後11時まで、エンパイア・ステート・ビルディングは現地時間の10日日没後から翌日の午前2時まで。

インナーは肌基準で選ぶ時代【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】
先鋭スピーカーたちが“新交通安全創造力”を語りつくす!
小中学生対象のダンス大会「DANCE CUP 2018」エントリー受付開始
Dream Ayaが地元で子どもたちとダンス! 重留真波、中島美央もレッスン
eスポーツに統一団体発足。プロライセンス発行へ
がんサバイバーが笑顔でいられる社会に 2.4世界がんデーイベント開催