ハリー杉山が「失恋以上に引きずるかもしれない」ものとは…

冒頭、限定カクテルを自ら作り「カンパ~イ」の2人
「DAZNスポーツ激戦Week」を前に岩本輝雄氏とハリー杉山がトークイベント

 スポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」が注目度の高いスポーツ中継が集中する11月17~19日を「DAZNスポーツ激戦Week」と名付け、英国風パブ「HUB」とコラボレーション。18~19日は「HUB」の全国45店舗でパブリックビューイングを実施することとなった。またHUB西武新宿駅前店は13~19日は「DAZN×HUB フラッグシップ店舗」としてオープンし、限定カクテル「DAZNスピリット」を提供する。期間中にこのカクテルを注文すると3カ月無料になるギフトコード入りコースターもプレゼントされるという。

 13日にはこの企画に先立ち、元サッカー日本代表で評論家の岩本輝雄氏とDAZNの「Jリーグ・ゾーン」のMCを務めるハリー杉山がトークイベントを開催。週末の試合の見どころを語った。
サッカー好きが揃うとこうなる、という感じでほぼフリーでトークを展開した2人。岩本氏(右)のマシンガントークをうまく引き出すハリー杉山
岩本氏が大胆予想!?「2年くらいしたら吉田麻也は長崎に来る」

 仕事のあるなしに関係なく海外に足を運び試合を観戦する機会の多いという岩本氏は「バルセロナだと、カンプ・ノウスタジアムじゃないですか。よくテレビで放送されているけど解説席は上のほうだから、解説者はテレビを見るしかない。僕はいつも前から17列目とかを買って見ている。そこが一番見やすい。2階だと全体は見えるがパススピードは見えない。せっかく見るならパススピードとか選手の寄せの早さとかを見たいから、いつも狙って席を買っています」とマニアックな見方をさらり。

 今週は英プレミアリーグの「アーセナルFC vsトッテナム・ホットスパーFC」のノース・ロンドン・ダービーが行われるのだが、かつてイギリスで暮らし熱狂的なアーセナルファンであるハリーからは「アーセナルファンからすると、生きるか死ぬか。生死をさまようような試合。野球に例えると伝統の一戦。結果によって半年くらい引きずる人もいる。失恋以上に引きずるかもしれないのがこのノース・ロンドン・ダービーでの敗北」と“迷言”が飛び出した。

 JリーグではJ2の昇格争いが注目の的。まだどのチームが昇格プレーオフに出てくるのか分からないなかではあるが、岩本氏は「昨年は井原さんが福岡を勝たせた。やはり風間サッカーが好きなのでグランパスに勝ってほしいかな…。でも徳島も見たい…」と予想&願望を吐露。

 そしていち早く長崎が昇格を決めた理由については「やっぱそれはジャパネットたかたですね(笑)。間違いないです」と自由奔放な発言。ハリーに「じゃなくて! サッカーの戦術とかいろいろあるじゃないですか」と突っ込まれると「サッカーの話をすると高木さんのサッカーはシンプル。縦に早くプレッシャーをかけてみんな連動して動く。非常にいいサッカー。ようやく高木さんのサッカーが実った。高木さんは長崎が地元で僕の先輩。もともと応援しているんで個人的にはうれしい」と話した。そして長崎のオフの補強についてはまたも「ここはジャパネットたかた、結構来ると思う。なにげに吉田麻也が地元だから、移籍するんじゃないですか?」と爆弾予想。ハリーが「一応プレミアのサウサンプトンのレギュラーですよ」と火消しに回ると「2年くらいしたら長崎に移籍。決まり(笑)」と続けた。果たして吉田の移籍はあるのか…。
週末の試合を予想した2人。果たして結果は…
日本代表についても「ビッグ3は絶対に必要」

 後半は先日、ブラジル代表に敗れた日本代表についても触れ、岩本氏は「ぼっこぼこですね。ブラジルがあそこまで速いとは思わなかった。衝撃を受けた。特に前半。ピッチがあまりよくなかった。あれが良かったらもっとやられていた。長友が1対1でやられるというのはなかなかない。簡単にやられて、世界は速いと思った」と話す。

 ハリーがメンバーから外れた本田、香川、岡崎について聞くと岩本氏は「絶対に必要だと思う。ベンチにいるだけでも相手に威圧感を与えるし。本田君はメキシコでも調子がいいので、必ず帰ってくるんじゃないかな。ハリルホジッチはウイングを誰にしようか悩んでいると思う。サイドに使う選手は得点を取れる選手じゃないと多分使わない。本田はこの調子でいくと戻ってくるんじゃないかと思う。もしかしたらブラジル戦で4-3-3がうまくいっていたら、3人は入らなかったかもしれない。そのまま外して今のメンバーで守備的にいくかもしれないと思ったが、考えを変えるのではないか」と話した。