【インタビュー】ハナレグミ 『SHINJITERU』の先にあるもの

 じんわりと染み入るメロディーとリズム、そして歌声で愛される、シンガーソングライターのハナレグミ(永積崇)が先日ニューアルバム『SHINJITERU』をリリースした。「今年、出さなくては」と完成させたという本作。その思いを裏打ちするものとは……? 本人に聞いた。
撮影・蔦野裕

 インタビューのために所属レコード会社を訪ねた。渋谷の街を見下ろす高層ビル。社内はイベントのために閑散としていて、写真撮影のためにギターを手にすると、とても幸せそうな表情を見せる。

 この日の話題は、先日リリースした最新アルバム『SHINJITERU』について。本人は、このアルバムは「今年のうちに出しておかないと……」と制作したのだという。

「アルバムに収録した何曲かは、前のアルバム『What are you looking for』(2015年)を制作した時にもうレコーディングしてあって。その時は2枚組アルバムにしようかなと思ったりもしたんですけど……2枚組って分量が多いですよね。ハナレグミの場合は、曲を山のようにいっぱい聞いてもらうのよりも、1曲1曲をゆっくり、同じ曲を何度も聞き返してもらえたらうれしい。だから、分けてリリースすることにしました。でも曲には作ったその時の熱とか空気感があるから、そのつながりがあるうちに出しておきたいと思ったんです。なんかすごく古いものというか、アーカイブのようになっちゃう気がして」
撮影・蔦野裕

『What are you looking for』からの2年ぐらいの間で、永積のなかで何かが変化しているんだそう。

「ものすごく感覚的なんですけど、今年で大きく変わるっていうか、来年からすごく新しくなるような気がしているんです。なんかこうハナレグミが1回全部終わる……というか、次からもう1回新しく始まるような、次へと移るような。自分の中で、そんな確信みたいなものがあるんです」

「終わる」と「始まる」。ドキドキとワクワクが交差する。

「何かをやり切ったとか、やり遂げたとかいうのではなくって……うん、東日本大震災。あそこからの時間ってことなのかな。あそこで僕はすごく試されたんです。自分の音楽に対する価値観だとか、生き方みたいなのを。本当に自分は音楽をやるのかとか、たぶん誰しもがあの瞬間感じたようなことを僕も思ったんです。それから、あの時に自分の中に起きた大きな衝撃を少しずつ表に出すことで、生きながらえようとしてきたというか。この数年、ライブ活動にせよ制作にせよ、そんな気持ちが自分の真ん中に軸としてあったんですけど、そこから少し離れてもいいのかなって思えて。前作からこれまでの間にそれが確信になったというか。新たに何かを手にした気がしてるんですよね。当時、僕は傷ついたんだと思っていたけれど、あの衝撃が、表現したいとか歌おうとかいうエネルギーになってたのかな。いま振り返ってみて思えることですけどね」
撮影・蔦野裕

 そんな思いを大切に重ねながら作り上げたアルバムのタイトルは『SHINJITERU』。「信じてる」でも「しんじてる」でも「シンジテル」でもなく、『SHINJITERU』。ある時ふと「SHINJITERU」という形が頭に浮かんだのだそうだ。

「信じてるって言葉、すごく強いと思うんです。英語圏のBelieve(ビリーブ)だとリラクシングな感じがあるけれど、日本語の信じてるって相手の強い思いも受け止めなければならないような気がしてしまうから。だから、字としてではなくて、模様のように、記号のように感じてほしかったんです。それに、手で触れて感じるのでもいいと思ってアートワークをエンボス加工にしたりもしました。この『SHINJITERU』っていう言葉が、いろんなところに点在したらきれいなんじゃないかと思うんです。僕の音楽を聴かなくても、見知らぬお店の店先にあった『SHINJITERU』って言葉を目にしたり口にしたり、頭を通したりして、人があれ?ってなったらいいなって」

 あれを信じろ、これを信じろ、なんてことはまったく言わない。

「誰でもみんな、信じていないと生きていないって思うんですよ。大げさな事じゃなくても、自分がおいしいって思ったら、他の人がそうじゃないと思ったとしても、それはおいしいなってなりますよね。それも信じてるということだと思うんです。その何でもないその人なりのまるっとした信じてるが、俯瞰できるようなものだったらいいなって思うんです」

「“SHINJITERU”はいろいろある」と永積は言う。もちろんこのアルバムの中にもたくさんある。映画 『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督、2016年)の主題歌として書き下ろした『深呼吸』、このアルバムの表題曲ともいえそうな『線画』、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、堀込泰行らとタッグを組んだ楽曲もある。そのなかにいくつもの「SHINJITERU」がある。そして、永積はそのいろいろな「SHINJITERU」を歌う。

「切ないとかフォーキーとか哀愁がってよく言われるけど、そういうメロディーとか感覚がすごい好きなんです。悲しいかハッピーかの両サイドじゃなくて、もっと複雑な色味を持った切なさって毎日の中に絶対あって。例えば、人の背中。後ろ姿がすごく情けなくなってきちゃったけど、でもそこに愛くるしさもあるなとか。そういう切なさの向こうに自分を重ねたり、どこか思い焦がれることで、深く入り込みたくなったりするんです」

 聴き手を強引に巻き込むのではなく、思わず入ってきたくなるような歌を歌いたい。公式サイトのインタビューにそんな一節があるが、アルバム全体からその思いがじわじわと伝わってくる。本作を聞けば聞くほど、これからのハナレグミが気になってくる。

「僕は、長い時間を使って、何か一つのことを言おうと思うんですよね。いつもCD一枚では完結できないものがあるのもそう。でもこの作品を作ってみて、さっき、新しく始まるって言ったけど、なんか次を作らずにはいられない気持ちがあるんですよ。雨後のタケノコじゃないですけど、今もまた次のことが頭を出してきているんです。作品が完成してすぐに、こんなふうに思うことってあんまりないかも……。そう思うと、少し立ち上がってきているのかもしれないですね。自分で解決できてなかったことが解決されてシンプルになってきた気もするし。もっと自由になれる気がします」

(本紙・酒井紫野)
New Album 『SHINJITERU』
SPEEDSTAR RECORDSより発売中。3000円(税別)。初回生産分のみ紙ジャケット仕様。
作品の詳細は公式ウェブサイト( http://www.hanaregumi.jp/http://www.hanaregumi.jp/ )