大晦日にミルコvs高阪。そしてミルコは来年大晦日に引退試合【RIZIN】

大晦日、ミルコ戦に臨む高阪
高阪は「リングの上でいつ死んでもおかしくないという戦いをしたい」

 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが11月17日会見を開き、「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2 nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の追加対戦カードを発表した。

 参戦が発表されていたミルコ・クロコップの相手に高阪剛が決まったことが正式に発表された。

 高阪は「3年連続で大晦日に戦えるということに感謝。ミルコは日本の格闘技の屋台骨を支え続けてきた選手。そういった選手と拳を交えることができるのは今から武者震いが止まらない状態。試合当日は最大限のリスペクトを持って叩き潰しにいく」と話す。昨年は把瑠都との試合が消化不良に終わったことについても触れたうえで「昨年、把瑠都に勝てばミルコと戦うことになると思っていた。そこでミルコと戦うとしたら、ということは考えていた。ミルコとであれば戦う試合が成立するのではないかという思いもあった。自分自身もただ試合をやるというわけではない。リングの上でいつ死んでもおかしくないという戦いをしたいと思っている。その覚悟を31日までにしっかり準備したい」と話した。

 ミルコについてはRIZINと複数回の試合の契約を交わし、2018年大晦日で引退試合を行うことも発表された。

 榊原信行RIZIN実行委員長は「来年4月か5月に1試合、10月か大晦日に1試合」と話し、最初の試合はファン投票、大晦日の試合はミルコへの挑戦権をかけたトーナメントの開催など、対戦相手の決定に関してはさまざまな可能性を示唆した。

 今年の大晦日の高阪戦を含め、3試合となることが予想されるが、高田延彦RIZIN統括本部長は「ミルコの性格を考えると、今年、もし高阪が勝ったら、ミルコは高阪へのリベンジを考えるかもしれない」と話すなど、ミルコの引退ロードは今年の大晦日の高阪戦次第ではさまざまなパターンが考えられそうだ。
会見に登壇した榊原氏、高阪、高田氏(左から)
KINGレイナと真珠・野沢オークライヤーの試合も決定

 またこちらも参戦が決まっていたKINGレイナはベルギーのシンディ・ダンドーワとの対戦が決まった。

 ダンドーワは格闘技のベースを柔道に持ち、ベルギー王者に2度就き、ヨーロッパ選手権にも多く出場。総合格闘技に転向後はM-1、インヴィクタ、UFCに参戦。2009年にはマールス・クーネン、インヴィクタでは現在のバンタム級とフェザー級の王者とも対戦経験があるトップファイターだ。

 この日は会見に出席せず、コメントのみの発表となったレイナはダンドーワについて「負けてるけど元UFCファイターらしいということで、また私の強さがどれほどなのか試そうとしていると思った! 最高の試合をする」と話す一方で、試合が29日になったことに「気に入らない! 31日じゃないのか! 当日は大暴れするから家来たち、楽しみにしとけ!」とご不満のようだった。

 また7月大会でプロデビューを果たした真珠・野沢オークライヤーがプロ2戦目に臨む。対戦相手は今年3月にアマチュア大会で対戦し、反則負けを喫したチェルシー・ラグラース。

 その試合は真珠が1Rに頭部へのハイキックを決めたものの、試合があったオハイオ州のアマチュア大会では頭部へのキックは禁止されていたために反則負けとなってしまったというもの。

 ラグラースも不完全燃焼の試合だったとあって、リマッチを快諾。今回の対戦となった。ラグラースは真珠より約20センチ身長が低いものの打撃を得意としてガンガン前に出てくるファイタースタイル。真珠は7月の試合で勝利を収めたものの、内容に納得せず、10月の試合のオファーを蹴ってみっちりトレーニングを積んでの試合となるもよう。

五味隆典とは交渉継続中であることを示唆

 また現在RIZINで3連勝中の矢地祐介がSNS上で9月の日本大会までUFCに参戦していた五味隆典との対戦をアピールしたことについては、榊原氏は「個人的には五味と矢地の試合を見たいとは思っている。五味は矢地戦でなくても見たいが、五味が最終的にどうするのか。矢地との対戦はゼロではないと思っている。単純に五味が次の世代のかませ犬になるかどうかという安直な構図にはしたくない。五味が久しぶりに日本のリングに戻ってくるが、僕はリングでの五味は強いと思っている。UFCとは全然違った結果を出す気もする。彼はレジェンドなので、実績に見合うような最終章を一緒に作りたい」などと話し、交渉が継続中であることを示唆した。