木村ミノルが階級変更の城戸を返り討ち【11・23 K-1】

木村(左)は城戸から3度のダウンを奪った(撮影・小黒冴夏)
木村は試合後、久保との再戦をアピールも…

「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~」(11月23日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で今年6月に行われた第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントで準優勝を果たしながらも、今回からウェルター級に階級を落とした城戸康裕はスーパーファイトで木村“フィリップ”ミノルと対戦。木村が計3度のダウンを奪い、3-0の判定で勝利を収めた。

 城戸は前蹴り、ミドルキックで距離を保ち木村の強打を防ぐが、木村は2Rに左右のフックの連打から右フックでダウンを奪う。木村は立ち上がった城戸をコーナーに詰めるとパンチの連打で2度目のダウンを奪う。なおもとびかかる木村だったが、城戸はクリンチでしのぎ、ゴング。3R、木村は城戸のヒザ蹴りに合わせ右フック。城戸をぐらつかせる。後がない城戸はカウンターのヒザで逆転を狙うが、木村は左フックから右フックとつなぎこの日3度目のダウンを奪う。勝負あったかに見えたが、城戸はふらつきながらも立ち上がると、なおもヒザを打ち込み最後まで木村を倒しにかかる。木村は右フックでとどめを刺しにいくが、城戸はよろめきながらも倒れず、試合は判定に。ジャッジ3者とも30-25の3-0で木村が勝利を収めた。

 木村は試合後、3月大会での久保優太戦をアピール。久保はリングに上がったものの、のらりくらり。果たして木村の思いは実るのか…。
平本(右)と佐々木はとことん殴り合った(撮影・小黒冴夏)
平本が昨年6月のリベンジ果たす

 昨年6月に行われたKrush-63kg王座決定トーナメント決勝の再戦となる平本連と佐々木大蔵の一戦は前回の対戦を上回る打ち合いの末、判定で平本がリベンジを果たした。

 2Rに平本が右ストレートで佐々木をぐらつかせたが、佐々木は驚異の粘りを見せ反撃。逆に左右のアッパーの連打で平本を追い込む場面も見せた。最終の3R、佐々木のパンチで鼻血を吹き出しながらも、平本は右のクロスを合わせると追撃の右のストレートでついにダウンを奪う。立ち上がった佐々木がパンチの連打で最後の勝負に出るが、平本も打ち合いに応じ、左右のフックの連打で2度目のダウンを奪いとどめを刺した。判定ながら30-25、30-26、30-26と文句のないリベンジを果たした。
大和(右)の左フックが中澤のアゴをとらえた(撮影・小黒冴夏)
KO勝ちの大和が王座挑戦をアピール

 スーパー・ライト級のスーパーファイトで大和哲也とKrush-65kg王者の中澤純が対戦。大和が1R2分24秒、KOで勝利を収めた。

 大和は序盤から左ミドル、右ローキックで中澤の意識を下に向けさせたところで一瞬の飛び込みから左フック一閃。ダウンを奪う。中澤は立ち上がるも足元がおぼつかずKO負け。ヘビー級トーナメント1回戦から続いた1RKOの流れをつないだ。

 大和は試合後のマイクで来年3月のメインアリーナ大会への出場と野杁正明の持つK-1スーパー・ライト級王座への挑戦をアピールした。