こだわりの自然派食品が揃うマルシェ/12月9日(土)の東京イベント

東京ミッドタウンで「ヴィヴル ド ビオ マルシェ」開催
 毎回、自然派志向の約20店舗が参加し、食材などを販売する「Vivre de BIO Marche in TOKYO MIDTOWN(ヴィヴル ド ビオ マルシェ イン 東京ミッドタウン)。出店者が自らこだわりを持って生産した自然派食品や、この時期ならではの旬の食材が並ぶ生産者の顔が見えるマルシェとあって、毎回大好評。
 5回目となる12月9~10日も、こだわりの自然派アイテムが集結。「Enoteca "da Luca"」ではイタリアワインを中心にオリーブオイルやグルメ食材を用意。すべての生産者と直にコミュニケーションを取り、現地の畑や生産環境などを確認してから仕入れを行なっている。美味しくて体に優しいというコンセプトのもと、できるだけ保存料が少ないものを選定。
「ココノエフーズ」では、国産有機JAS認証薔薇(オーガニックローズ)を使用したジャムやドレッシングを用意。 安心安全はもちろん、香料・着色料を使わず薔薇本来の香り・色を感じることができる。

 昭和元年の創業以来、北海道遠軽町で日本の在来種の豆を販売している「べにや長谷川商店」。農薬や化学肥料に頼らずに在来種の豆を作る農家から買いつけたこだわりの豆を販売する。

 他にもミツバチだけで最後まで作り上げられた蜂蜜だけを扱う「まじめな蜂蜜」などが出店。普段の食事に自然派食材をプラスしてみては。
「ヴィヴル ド ビオ マルシェ」
【期間】第5回:2017年12月9日(土)10日(日)/
第6回:2018年1月27日(土)、28日(日)
【時間】 10~16時 ※荒天中止
【場所】東京ミッドタウン 外苑東通り沿い ガレリアゲート前