東京スカイツリーやスターバックスから「明かり」がなくなる!? /12月11日(月)の東京イベント

ライトダウンイベント“Nothing” is “Charming”本日11日に開催
 本日11日19時より京都議定書採択20周年を記念し、首都圏の1都3県5政令指定都市で構成される九都県市と、スターバックス コーヒー ジャパンがライトダウンイベント「“Nothing” is “Charming”」を開催。

 明かりをなくして省エネや地球温暖化対策について思いをはせるイベントとして、九都県市内のランドマークとスターバックス481店舗から明かりがなくなる、1日だけの限定企画。

 また、スターバックスの各店舗では一斉消灯のほか、イベント限定となる蓄光インクを使用したオリジナルコースターの提供(数量限定)や、お菓子研究家・福田里香氏デザインの折り紙ランタンを制作し、ロウソク型LEDライトにかぶせて小さな明かりを楽しむワークショップなどで、明かりの「ない」特別な時間を演出する。いずれも予約不要、参加料金無料。

 明かりの「ない」空間で、特別な時間を過ごすことで、電気のこと、資源のこと、環境のことなど、自分なりに考えてみて。
ライトダウンイベント“Nothing” is “Charming”

【実施日時】12月11日(月)19~20時 ※実施時間は異なる場合あり
【開催場所】九都県市内(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)の協力施設とスターバックス481店舗、イベントに賛同する九都県市外のスターバックス120店舗
【「明かり」がなくなるランドマーク】 東京スカイツリー(R)、よこはまコスモワールドの大観覧車などのみなとみらいの各施設他
【参加料金】無料