KANAが王座奪還。そして「K-1に女子の階級を作る」【12・9 Krush.83】

KANA(左)のボディーブローがヘウヘスを襲う(撮影・小黒冴夏)
“独眼竜”KANAが今年1月のリベンジに成功

 Krushの2017年最後の大会となる「Krush.83」(12月9日、東京・後楽園ホール)はダブルメインイベントで女子のタイトル戦が2試合組まれた。

 ダブルメインイベントの第2試合で行われた「Krush女子−50kgタイトルマッチ」は王者・メロニー・ヘウヘスに前王者のKANAが挑戦。KANAが3-0の判定で勝利を収め、王座に返り咲いた。

 2人は今年1月にKANAにヘウヘスが挑戦する形で初対戦。プロ入り以来、全勝街道を突っ走っていたKANAだったが、初のダウンを喫したうえで判定負け。王座を明け渡した。ヘウヘスはその後、紅絹を相手に防衛を果たし、今回が2度目の防衛戦。一方、KANAは5月に復帰戦を飾るや8月にもKO勝ちを収め、今回の挑戦にこぎつけた。

 1Rから激しい打ち合いの2人。パンチを中心に攻撃を組み立てるKANAに対し、ヘウヘスはパンチに時折繰り出す右ハイキックが効果的。1R終了時にはヘウヘスの強烈なジャブを受けたKANAの右目が腫れ始める。2RになるとヘウヘスはKANAの右目に左ジャブを集め始める。KANAは左右のボディーフックで反撃。嫌がるヘウヘスにープレッシャーをかけコーナーに追い込んではパンチの連打。しかしヘウヘスのジャブでKANAの右目はどんどん腫れ上がっていく。3Rが始まるころにはKANAの右目は大きく腫れ上がり、ほとんど視界ゼロ。なおもヘウヘスのジャブがKANAを襲うが、KANAの左右のボディーフックは左目だけでも的確にヘウヘスのボディーをとらえ続ける。

 ともにダウンこそ奪えなかったものの、観客にはっきり伝わる激しい打撃戦を繰り広げた末に試合は判定に。30-29、29-28、30-27の3-0でKANAが勝利を収めた。
激闘を物語るように勝ち名乗りを受けるKANAの右目は完全にふさがっていた(撮影・小黒冴夏)
ヘウヘスはリマッチを要求

 試合後のマイクでKANAは「チャンピオンベルトを取って絶対言おうと思っていたことがあって、まだK-1には女子の階級がないので、自分が3月のさいたまスーパーアリーナに出て、新しい女子の時代を作っていきたいので、3月のK-1、マッチメイクお願いします。2017年のKANAのストーリーは今日で終わりです。また明日から突き抜けていけるよう日々精進していきます」とアピールした。

 試合後の会見では「まず目がすごく痛くて、前があんまり見えてないですけど、こんな形になっても勝てて、本当に良かった。1R目にジャブの差し合いでもらって。自分のジャブも当たって、相手のジャブも当たったんで、全部の威力を受けたわけじゃないんですけど、ジャブが硬かった。1R目から視野が狭くなっていたんですけど、このままだったら前と同じだなと思って、本当に最後まで冷静だったのが今日勝てた勝因かなと思います。今日のテーマは相手だけを見る。なんの感情も持たずに相手だけ見れば、自分の攻撃も当たると思ったので、本当に相手だけを見て、最後まで右目が見えなくても、左目だけで見て、最後まで冷静に戦った」と試合を振り返った。

 ヘウヘスは試合後の会見で「試合自体はとてもいい試合だったと思う。自分自身も自分ができる限りのベスト尽くした。僅差の試合だったと思うが、KANA選手はチャンピオンを倒す、チャンピオンに向かうには気持ちが足りなかったんじゃないかなと感じています。というのは、前回私がベルトに挑戦した時はKANA選手から2回ダウンを取っています。チャレンジャーとしてくるんだったらもう少し出てくるべきじゃないか」と試合を振り返り「必ずリベンジというかチャレンジしたい。実際我々は1勝1敗となりました。前回、私が勝って、今回KANA選手の挑戦を受けました。だから、KANA選手も挑戦を受けるべきだと思います」とリマッチを要求した。
松下(左)はこの日もアグレッシブにパンチを放ち続けた(撮影・小黒冴夏)
松下が女子−45kg初代王者に輝く

 ダブルメインイベントの第1試合で行われた「Krush女子−45kg王座決定戦」松下えみvs COMACHIは松下が3-0の判定で勝利を収め初代王者に輝いた。

 松下は1Rから1回戦で平岡琴を破った試合を思わせるノンストップのパンチを繰り出すが、COMACHIは前蹴り、ミドルで突進を止めにかかる。いい前蹴りを顔面に食らいながらも、松下の突進は止まらない。手数では松下だが、COMACHIも有効打では負けていない。2Rに入っても松下はプレッシャーをかけ前に出続け、パンチを放ち続ける。そのうちCOMACHIにつかみが多くなり、警告が与えられる。

 距離を取るべく放つCOMACHIの前蹴りやハイキックが松下にクリーンヒットするが、松下は距離を詰めパンチにボディーへのヒザもまじえCOMACHIを削っていく。試合は判定となったが、最後まで試合の主導権を握り続けた松下が30-28、29-29、29-28の2-0で勝利を収めた。