暴れん坊将軍が東京タワーに見参「余の顔を見忘れたか!」

 暴れん坊将軍こと松平健が8日、東京タワーで行われたイベントにサプライズで登場。悪党たちに因縁をつけられた町娘たちを退治した。画面で見たそのままの暴れん坊将軍こと吉宗公は、3人を相手に見事な太刀さばきを見せ、あっという間に3人を懲らしめた。町娘たちは「びっきりしました」「舞い上がって訳が分からない。すごい素敵」と目をうるうるさせた。

 登場は突然。町娘が因縁をつけられていると、聞き覚えのあるトランペットのメロディーが響き、「悪事はすべて見届けた!」と上様こと松平がゆっくりとステージへ。悪党は「こんなところに、上様が来るはずなどない!」と刀を抜き襲い掛かるったが、上様は見事な太刀さばきであっという間に3人を退治した。
町娘の姿になったのは、松平のファンクラブの皆さん。中にはファン歴「四半世紀」の町娘も! 上様は「……きれいです」
 イベントでは、町娘たちによる上様(松平健)と2ショットで写真撮影できる権利をかけた『暴れん坊将軍〇×クイズ』、松平健と「5万回斬られた男」の異名を持つ福本清三、峰蘭太郎、野々村仁によるトークショーなど、番組ファン垂涎のトークを繰り広げた。

 松平は「『暴れん坊将軍』は私の青春でした。24からスタートして25年間やらせていただいて、今は40年経ちましたけど、そのころの再放送を見ましても、おもしろいです。内容的にも人情味たっぷりで、最後に悪を倒してすっきりする。それがバランスよく入っている時代劇」。また、「いまだに再放送されたり時代劇専門チャンネルで放送していただいていて、見てくださっているかたに応援していただいてこれだけ長く続いていると思っています」と、話した。

 イベントは『暴れん坊将軍』が2018年1月で放送40周年を迎えることを記念して「ファンの皆さんをサプライズで驚かせたい」と題して行われた企画。この日の模様は、時代劇専門チャンネルの特別番組『暴れん坊将軍がやりたい5つのこと』(2018年1月1日よる11時~ほか)で放送される。同チャンネルでは現在、『暴れん坊将軍』全シリーズを放送中。時代劇放送チャンネルは、スカパー!やケーブルテレビで視聴できる。