佐藤将光と松本光史が参戦。猿田洋祐と世界王者3人がそろい踏み【1・28 修斗】

【写真左】佐藤将光【写真右】齊藤曜(中央)
佐藤は“ザ・ギロチン”齊藤曜と対戦

 プロフェッショナル修斗の2018年開幕戦(2018年1月28日、東京・後楽園ホール)の追加対戦カードが発表された。

 すでに参戦が発表されていた世界ストロー級王者・猿田洋祐に続き、世界バンタム級王者・佐藤将光と世界ライト級王者・松本光史の出場が決まった。ともにノンタイトル戦となる。

 佐藤は“ザ・ギロチン”の異名を持つ齊藤曜と対戦する。齊藤は11月12日のプロ修斗青森大会で約4年ぶりの修斗参戦を果たし、昨年度新人王・一條貴洋と対戦。相手に何もさせず、代名詞であるギロチン(フロントスリーパー)で勝利を収めた。

 齊藤は総合格闘技ばかりではなくグラップリングの大会にも多く参戦。2015年には「D-NET GRAPPLING ALL JAPAN CUP」でUFCファイターの佐々木憂流迦を破り優勝を果たし、同年に行われたZSTの「第二代GT(グラップリング)タッグ王者決定トーナメント」では師匠の戸井田カツヤとのタッグで参戦。決勝で宇野薫、植松直哉組に敗れはしたものの、準優勝。またMMAルールでは元ZSTバンタム級王者の藤原敬典を下すなど、その実力は折り紙付き。修斗のバンタム級戦線をかき回す存在となりそうだ。
【写真左】松本光史【写真右】星野大介
松本の相手は“津田沼の特攻隊長”星野大介

 松本は国内外のさまざまなプロモーションを渡り歩く“津田沼の特攻隊長”星野大介と対戦する。星野も今回が5年ぶりの修斗公式戦出場。

 松本は10月の舞浜大会で星野と同じ総合格闘技津田沼道場所属の大尊伸光にKO勝ちで復帰戦を飾った。星野にとっては大尊の敵討ちともいえるカードとなる。
[新たに決定した対戦カード]
◎バンタム級5分3R
佐藤将光(同級世界王者/坂口道場一族)vs齊藤 曜(トイカツ道場)

◎ライト級5分3R
松本光史(同級世界王者/フリー)vs星野大介(総合格闘技津田沼道場)

[発表済みの対戦カード]
◎フライ級5分3R
猿田洋祐(世界ストロー級王者/和術慧舟會HEARTS)vs前田吉朗(同級世界2位/パンクラス大阪稲垣組)

◎フライ級5分3R
田丸 匠(日本/同級世界4位/NASCER DO SOL)vsライリー・ドゥトロ(アメリカ/同級世界5位/I&I TRAINING CENTER)

◎世界ストロー級挑戦者決定戦5分3R
猿丸 ジュンジ(同級世界1位/シューティングジム横浜)vs村田一着(同級世界2位/NEW GROUND)

[出場予定選手]
魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)