2017年を締めくくってる場合じゃない。新しい年は始まってる!【編集部オススメMUSIC】



J.S.B. HAPPINESS
三代目J Soul Brothers


 2017年もさらに成長した三代目の最新シングル。ポッキーのCMソングとしておなじみの楽曲で、ゆったりとしたテンポ感で、スペーシーなうえに浮遊感を醸し出す。楽曲に漂う近未来的な雰囲気もまた心地よく、三代目らしいHAPPINESSが伝わる。カップリングは、これまでの「J.S.B.」シリーズ、『J.S.B. DREAM』そして『J.S.B. LOVE』のPKCZ®REMIXを収録している。LOVE、DREAM、そしてHAPPINESSと、シリーズをフルで味わえる作品だ。LIVE DVD & Blu-ray 『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017“METROPOLIZ”』も同日発売。

[J-POP SINGLE]rhythm zone 12月13日(水)発売 【CD+DVD】1944円、【CD】1296円(ともに税込)



NO_ONE EVER REALLY DIES
N.E.R.D


 ファレル・ウィリアムス率いるヒップホップグループのN.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)がついに再始動、その第一弾となるアルバム。セルフタイトル作品だけに本作に込めた想いや熱は並々ならぬものということかもしれない。ファレル名義はもちろんネプチューンズとしても数々のヒット曲を世に送り出してきたメンバーが本腰を入れただけに、楽曲はすごい。リアーナ、ケンドリック・ラマー、M.I.A.、エド・シーラン……と、参加アーティストも豪華極まりない。年末年始のホリデーシーズン、世界中で再生し続けられることになるのは間違いない。

[URBAN ALBUM]ソニーミュージックジャパンインターナショナル 12月15日(金)発売 2200円(税別)



THANK YOU BLUE
DAOKO


 米津玄師とコラボした映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌「打ち上げ花火」がきっかけとなって、2017年下半期にぐんぐんと注目度が上昇。さらには、岡村靖幸との「ステップアップLOVE」も話題になり、一躍今年最も注目されたアーティストの1人となったDAOKOが年も押し迫ってフルアルバムをリリース。本作にはファーストから最新シングルまでを収めるなどメジャーデビューから今までのすべてを詰め込んだ作品で、DAOKOをもっと知りたいならマストチェックなアルバム。

[J-POP ALBUM]TOY’S FACTORY 12月20日(水)発売 初回限定盤【CD+DVD】3600円、通常盤2800円(税別)



utopia
björk


 唯一無二の存在感と彼女にしか生み出せない世界観でオーディエンスを圧倒し続けるアイスランド生まれのアーティスト、ビョークが最新アルバムを発表した。かなりの確率で「分からないのは聴いている私が追いついてないだけ!」とリスナーを納得させ、それなりに分かるまで何度も何度も再生させて、最終的には彼女の作品ばかりを聴いている状況を作り出してしまう。彼女の作品が難解だというわけではなくて、たいていの場合、聴くほどに彼女の思考の中に入り込んでしまい、より深部に迫りたいと聞きこんでしまう。彼女のパワーはすごすぎる。

[ROCK ALBUM]One Little Indian Records / Hostess 発売中 2490円(税別)