インタビューシリーズ【LDH バトン ~夢~】 Vol.5 KAZUKI (DOBERMAN INFINITY)

 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを展開して「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDH JAPANに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、DREAM(夢)について聞いていきます。

 第5回は、グループ初のウィンター・ラブ・バラードとなった最新シングル『あの日のキミと今の僕に』が好評な、DOBERMAN INFINITYのKAZUKIさんです。
「18になって、マジに何しようと思ったときに、歌だなって」

ーー子供のころの夢を教えてください。
プロ野球選手です。小学校の2年生ぐらいから野球を始めて、クラブチームに入って、中学校1年生ぐらいまでは本気で目指してました。ポジションはずっとピッチャーで、絶対なれると思ってたんです。なんの疑いもなく。そのぐらい自信がありました。でも中学に入ってケガをして、辞めることになって……。そうやって挫折したおかげで今の自分があると思っています。

ーーそのころを振り返ると、自分はどんな子供でしたか?
目立ちたがり屋ですね。それと、誰にも負けたくなかった。少年野球でも、ずっと超弱小チームだったんですけど、僕らの代で県大会で準優勝して。行けるんじゃないかなって思ったんですよ。

>ーーその夢が「アーティストになりたい」になったきっかけは?
野球をやっていた時と重なるんですけど、親がブラックミュージックが大好きだったこともあって、Blue Noteに海外のアーティストのライブを見に行くことがクリスマスプレゼントだったりして、小さいころから身近にブラックミュージックがあったんです。それで自然に音楽や歌が好きになりました。野球で挫折した後は夢のことなんでほとんど考えてなかったですけど、18になって、マジに何しようと思った時に、歌だなって。一緒にカラオケに行ってた友達にも「いいんじゃない?」って言われて、それなら東京に出て勝負してみようと思ったんです。それがきっかけですね。

ーーその夢を実現するためにどんなことをしましたか?
まずは音楽の専門学校に行きました。そろそろ卒業しようって時に学校内でオーディションがあってグランプリを取ることができたんですけど、でもそれが何ってわけでもなくて。とりあえず働きました。建築の仕事で、週に2日ぐらいは早く仕事を上がらせてもらって、午後は歌いこんでみたいなことをしばらく続けていました。カラオケに行ったり仲間と一緒に曲を作ったりするって感じで、ボイトレに行ったり。オーディションにも出てました。(ファイナリストに残った)『VOCAL BATTLE AUDITION 4』には、仕事も辞めて自分を追い詰めて出場しています。実は僕、「ー2」にも出てるんです。その時は誰にも気づかれないうちに落ちてるんです。

ーー夢は実現した、と思っていますか?
建築の仕事をしていたころの「アーティストになりたい」「歌を歌って飯を食っていきたい」っていう夢は叶ってるとは思うんですけど、夢って常に新しいのが出てくるんですよ。この世界にはすごい人がいっぱいいるし、その中で一番になりたい。それに今やっている活動プラス、また新しい形で活動もできるんじゃないかとも思っています。夢は膨らんでいきます。

「ドーベルのボーカルってこんな感じなんだって知ってもらいたい」

ーーその、いまの夢とは何ですか?
DOBERMAN INFINITYのボーカルってこんな感じなんだって、もっとたくさんの人に知ってもらうことですね。それと並行して、自分で作った曲も知ってもらえたら。いつか自分が作った曲も評価されるっていうのが一番大きな夢です。ドーベルでもアルバムで1曲書かせてもらっています。

ーーその夢を実現するためにしていることはありますか?
ボイトレや筋トレ、それと、いろんな曲を聴いています。ネットで、海外アーティストの新譜をチェックしやすしたりすることが、歌に活かされている感じがします。

ーー夢を叶えたいと頑張っている人たちにメッセージをお願いします。
夢をかなえるために必要なことは、自分ではない誰かのことを思ったりするってことではないかなと思います。少なくとも僕の場合は、それが力に変わります。辛いことや壁にぶち当たったとき、自分をこの道に導いてくれた人や、応援してくれる家族……その人たちの顔を1人1人思い出して、「ここで俺、負けてられないよね」ってところにたどり着くんです。自分1人だったらここまでやれてないと思います。後は、自然と自分で突き詰めちゃうぐらい好きなものを見つけるってことだと思います。
【プロフィール】KAZUKI(カズキ)…HIPHOPグループ、DOBERMAN INFINITY(ドーベルマン・インフィニティ)のボーカル。『EXILE presents VOCAL BATTLE AUDITION 4』のセミファイナリスト。2014年にグループに加入した。グループ初となるウィンターラブソング『あの日のキミと今の僕に』が発売中。

左から【CD+DVD】、【CDのみ】
グループ初のウィンター・ラブ・バラード
『あの日のキミと今の僕に』発売中!


グループとして初めて書いたウィンターラブバラード。「今幸せを感じている人には一番近くにいる人の大切さを改めて感じて欲しい、そして、傷ついた経験を持つ人には、この曲で里隣に寄り添うことができれば」という想いで制作された。カップリングの『Your Santa Claus』はクリスマスのパーティーを描いたスムースなナンバー。2017年のクリスマスにおすすめのシングル!【CD+DVD】は1500円、【CDのみ】は1000円。ともに税込。
夜景をバックにおじさんを撮るオケタニ教授が初の個展「夜景おじさん」開催
[吉村崇×Violet Eva Special対談]「我々のショーで日本の働き方すら変えてやりますよ!」
これまでの鼓童のイメージをくつがえす新たな試み 新作公演『巡-MEGURU-』が11月よりスタート
神田松之丞 講談の世界へようこそ! 講談入門書を出版
宮藤官九郎×三宅弘城の『ロミオとジュリエット』はシェイクスピア観を揺るがす作品になるか
【区長に聞く】台東区・服部区長に聞く、台東区が取り組む 「江戸ルネサンス」