好勝負必至! 土屋大喜と安藤達也が対戦【1・28 修斗】

対戦が発表された土屋(左)と安藤(撮影・小黒冴夏)
安藤は約1年ぶりの修斗参戦

 プロフェッショナル修斗の2018年第1弾となる後楽園ホール大会(2018年1月28日)の追加対戦カードが12月17日の新宿FACE大会で発表された。

 元修斗環太平洋ライト級王者の土屋大喜と安藤達也が対戦する。安藤は昨年11月のケビン・クルーム戦以来の修斗参戦となる。

 土屋が「すごい相手とやらせてもらえてワクワクしている。ぶっ飛ばしに行こうと思う。すごいカードばかりだが、僕らの試合で大盛り上げしたい」と話せば、安藤も「1年ぶりに試合に出させてもらうんですが、たくさんの人に機会をもらったので、しっかりした試合を土屋大喜さんとして、思いっきりばしっと盛り上げる。さっき(土屋が)ガンガンやると言っていたので、俺もガンガンやりたいと思います。よろしくお願いします」と応じ、拳を合わせた。
1月大会に参戦する松本、星野、魚井、齊藤、猿丸(左から)(撮影・小黒冴夏)
松本「今年は赤字決算。来年はしっかり仕事ができるように頑張る」

 この日は同大会への出場が発表済みの選手もリングに上がり大会へ向けてコメント。

 修斗ライト級世界王者の松本光史は「今年は1試合しかできなくて、赤字決算で年を越すことになりそうなので、来年はしっかり仕事ができるように頑張ります。試合終了後にお客様の心に残るような、またすぐに見たいと思ってもらえるような試合をしたい」

 対する星野大介は「修斗は5年ぶりでライセンスがどうなっているのか分からないんですけど? 再発行ですか? 応援よろしくお願いします」

 村田一着と世界ストロー級次期挑戦者決定戦を行う猿丸ジュンジは「1月、必ずKOして、その次、タイトルマッチ。毎回言っていますけど、必ずチャンピオンになるので、俺の試合を見にきてください」

 環太平洋バンタム級王座決定戦で祖根寿麻と対戦する魚井フルスイングは「キーキーうるさい猿の頭もアゴもかち割って黙らせますんで、皆さん、当日は会場に足を運んで見届けにきてください。勝ちます、KOで」と王座奪取を約束した。
想いをしたためた手紙を読み上げる齊藤(中央)。猿丸は努めて冷静な表情(撮影・小黒冴夏)
齊藤は「怪人ギロチン」姿で長い手紙を朗読

 バンタム級世界王者の佐藤将光とノンタイトル戦で対戦する齊藤曜は「怪人ギロチン」コスチュームでショッカー戦闘員を引き連れ入場。そんないで立ちでありながら「人前で何かをするのが苦手」ということで想いをしたためた手紙を朗読。「自分は来年の1月で33歳になるんですが、毎日ロクに働かず、練習と格闘技の勉強ばかりしている日々を過ごしています。おかげで金はなく社会的にはだいぶ弱くなってしまったのですが、格闘技的には急速に強くなっている実感のある日々を過ごしてきました。強さに関して言えば間違いなく今が自分史上最高で、これから先もどんどん最高を更新していくだろうと思います。佐藤選手は修斗バンタム級の頂点であり、一人の人間としてもとても尊敬のできる人物なんだと思います。自分はそんな男の上に立ち、自分の強さを証明して見せます。強くなるのはもちろん、心に残る試合、元気が出る試合ができるよう日々を全力で生きていきます」などと長い手紙を読み切った。
[新たに決定した対戦カード]
◎バンタム級5分3R
土屋大喜(同級世界8位/roots)vs安藤達也(フリー)

[既に発表済みの対戦カード]
◎環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦5分3R
魚井フルスイング(同級1位/和術慧舟會HEARTS)vs祖根 寿麻(同級3位/ZOOMER)

◎フライ級5分3R
猿田洋祐(世界ストロー級王者/和術慧舟會HEARTS)vs前田吉朗(同級世界2位/パンクラス大阪稲垣組)

◎バンタム級5分3R
佐藤将光(同級世界王者/坂口道場一族)vs齊藤 曜(トイカツ道場)

◎ライト級5分3R
松本光史(同級世界王者/フリー)vs星野大介(総合格闘技津田沼道場)

◎フライ級5分3R
田丸 匠(日本/同級世界4位/NASCER DO SOL)vsライリー・ドゥトロ(アメリカ/同級世界5位/I&I TRAINING CENTER)

◎世界ストロー級挑戦者決定戦5分3R
猿丸 ジュンジ(同級世界1位/シューティングジム横浜)vs村田 一着(同級世界2位/NEW GROUND)他