GENERATIONSの白濱亜嵐、ベスト盤の元旦発売に「すごくうれしい」

 EXILEのDNAを受け継ぐ新世代グループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)が2018年1月1日にベスト盤『BEST GENERATION』をリリースする。

 きょう発売された雑誌『月刊EXILE』の最新号には、GENERATIONSが登場し、これまでやこれからについて語っている。

 リーダーの白濱亜嵐は「これまでもEXILEさんや先輩グループの皆さんが元旦に作品リリースや重要な発表を行ってきた」としたうえで、「僕らのデビューからの5年間が詰まったベスト・アルバムを発売できるのはすごくうれしいです」。

 ボーカルの数原龍友は、先日発表されたドームツアーについて触れ「今まで先輩たちのステージを目の当たりにしてきましたけど、自分たちもついにそのステージに上れるということで、自分たち自身もまたたらしいGENERATIONSに出会えるんじゃないかなんて期待しています」と熱っぽく語っている。

 ベスト盤は、デビューからこれまでの5年間を楽曲や映像で凝縮して収めたもので、現時点での集大成であり、グループが新しい一歩を踏み出すことを示した作品になっている。
 最新号には、松本利夫のワンマンSHOW第5弾『MATSUぼっち 05』(2018年2月2日~)に先駆けてのアナザーストーリーや、三代目 J Soul Brothersのインタビュー、EXILE THE SECONDがスペシャルサポーターを務めるシルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』のCM撮影密着レポートなどを掲載している。
今年も京都市の魅力を“KIZOKU”がダンスで表現
格闘技界の敏腕プロデューサー榊原信行さん(RIZIN実行委員長)
編集部オススメMOVIE『ジオストーム』
たった一時間半で世界は一変した『屍人荘の殺人』
青柳翔が異端のスプリンター「ドラマW 食い逃げキラー」
とろサーモン久保田、新築マンション引っ越しで男性と同居か「一線は超えてない」