堀口恭司が決勝で石渡をKO。バンタム級トーナメント優勝【12・31 RIZIN】

準決勝第1試合、堀口が肩固めを極め一本勝ち(撮影・蔦野裕)
バッティングでヒヤリの場面も堀口が肩固めで一本勝ち

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2 nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の31日、バンタム級トーナメントのFinal ROUNDが行われた。

 準決勝第1試合はマネル・ケイプvs堀口恭司。

 ともにガードを下げた状態で軽やかなステップで出入りし、打撃を放っていく。1Rから何度も堀口がその独特の遠い間合いからのパンチでケイプをダウンさせるが、ケイプはすぐに立ち上がり、反撃。堀口が追撃にいっても驚異のバネで跳ね上げ、すぐにスタンドに戻す。1R早々のダウンで秒殺KOかと思われたがケイプが善戦。当たればKOの危険度満点のパンチを繰り出し堀口を下がらせる場面も。しかし堀口はパンチの合間にタックルでテイクダウンを成功させるなど、実力差を見せつける。

 3R、パンチの攻防からケイプのバッティングで中断。堀口は試合後の会見で「朦朧としていた。RIZINのレフェリーが素晴らしかった」と振り返るように、それ以上の攻撃をもらうことなく堀口の回復を待って試合を再開。しかしまだ完全にはダメージから回復していなかった堀口はパンチを被弾し右目の上をカットしてしまう。パンチの攻防から「このままではまずい」と判断した堀口は残り2分、タックルでテイクダウン。グラウンドに持ち込み、マウントに移行するとコツコツとパンチを当て、最後は肩固め。ケイプがタップし、一本勝ちを収めた。
準決勝第2試合は石渡(奥)が大塚を破った(撮影・蔦野裕)
石渡が大塚に競り勝ち悲願の堀口戦へ

 準決勝の第2試合は大塚隆史vs石渡伸太郎。

 この2人は2014年の大晦日に対戦し、その時は石渡が勝利を収めている。

 1Rから石渡の周りを大塚がサークリングしながら、チャンスを伺う展開に。石渡のパンチにタックルを合わせる大塚だが、なかなかクリーンにテイクダウンを取ることはできない。そんな中、左フックを振って前に出た石渡に大塚がカウンターで右ストレート。石渡は尻もちをつく。追撃に出た大塚だったが、石渡は逆にタックルからテイクダウンに成功。強烈なパウンドで大塚にダメージを与えていく。

 2Rも石渡のパンチに大塚がカウンターでタックル狙う展開。石渡が大きく踏み込んで左フックを放つと大塚は食らいながらもパンチからタックル。しのいだ石渡は左右のフックの連打で追い込むが、大塚はタックルで応戦とそれぞれの戦い方が交錯。

 3R、残り1分で大塚のパンチを食らいながらも石渡はフックの連打で反撃。ヒザもボディーに叩き込むと、大塚はロープ伝いにエスケープ。体勢を立て直し、打ち合いに応じるも、試合終了のゴング。

 判定はジャッジ3者とも石渡を支持し、石渡が決勝に進出した。
1R終盤、堀口はマウントを奪い、パウンドの嵐(撮影・蔦野裕)
石渡が不屈の闘志で堀口の強烈なパウンドをしのぐも…

 決勝は堀口vs石渡。

 この2人は2013年のVTJで対戦し、その時はVTJにおいて語り草になるほどの激闘を繰り広げ、5R、TKOで堀口が勝利した。その後、堀口がUFCに参戦したことからもう実現することはないと思われたが、今回のトーナメントにより実現の可能性が生まれ、なおかつブロックが別になったもののともに決勝まで勝ち上がり、やっと実現した。

 ともに自分の間合いを探り合う緊張感のある攻防。堀口が飛び込んで右フックをフルスイング。石渡はバックステップでかわす。堀口がミドルキックで飛び込むが、これはローブローとなり中断。

 再開後、石渡がジリジリとプレッシャーをかけていく。堀口の左フックと石渡の左ハイが交錯。堀口はその足を受け止めそのまま押し込みテイクダウンに成功。上のポジションを取ってハーフガードからパウンド。石渡も下からパンチで応戦。ロープ際の攻防となったが、堀口がマウントを取りきりパウンドの嵐。石渡はロープとコーナーが邪魔をし思うように動けない状況でパウンドを浴び続ける絶体絶命のピンチ。しかしパウンドを食らいながらも不屈の闘志で立ち上がると逆に打ち返す執念を見せた。
勝利の雄叫びを上げる堀口。右斜め後ろにはリングサイドで試合を観戦したヴァンダレイ・シウバの興奮した姿が見える (撮影・蔦野裕)
最後は堀口がカウンターのストレートでKO勝ち

 2Rに入ると堀口が右ミドル、右ハイを繰り出すと、石渡も応戦。石渡が前に出たところで堀口がカウンターの右ストレート。まともに食らった石渡は前にばったりダウン。堀口がパウンドで追撃するとレフェリーが試合を止めた。

 堀口は試合後のリングで「29日と同じく、メインの仕事できましたかね? やっとベルトが取れたんですが、これからがスタートだと思ってる。これからRIZINを盛り上げていくんで、日本の格闘技を盛り上げていくんで、よろしくお願いします。!(石渡とは)1回対戦していて、その時も打たれ強かったんで、今日も来るなと思ってたんで想定内でした」などと話し、喜びを爆発させた。