浅倉カンナがRENAから失神一本勝ちで生涯初のベルト獲得【12・31 RIZIN】

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2 nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の31日、「女子スーパーアトム級トーナメント」が行われ、20歳の浅倉カンナが優勝した。
RENAの右ストレートがリベラに炸裂(撮影・蔦野裕)
第1試合はRENAがTKO勝利

 1回戦第1試合はRENA vsアイリーン・リベラ。

 リベラが左手でRENAをけん制しながら回る展開。RENAの左ミドルや前蹴りをキャッチするリベラ。1R中盤、リベラは組み付き、引き込みを狙うが、RENAは踏ん張り、グラウンドを許さず、コーナーに押し込む。リベラはそれでもなお前から組み付き引きこみを狙うがRENAは振り落とすとパンチの連打。コーナーから脱出したリベラだったが、RENAは追いかけると左ミドル。またもキャッチするリベラだったが、RENAはパンチの連打。リベラが右のオーバーフックを放つと見切ったRENAは左フックを合わせるとリベラはぐらり。パンチで応戦するリベラにRENAもパンチの連打。最後は右フックがリベラの顔面にヒット。リベラが大きく腰を落としたところでレフェリーが割って入り試合を止める。1R4分39秒、レフェリーストップによるTKO勝ちでRENAが決勝進出を決めた。
浅倉がオリベイラからRIZIN初の一本勝ち(撮影・蔦野裕)
第2試合は浅倉が腕ひしぎ十字固めで一本勝ち

 1回戦第2試合はマリア・オリベイラvs浅倉カンナ。

 手足の長いオリベイラがリング中央。その周りを浅倉が回り、チャンスを伺う。遠めからのタックルは切られたものの、徐々に距離感をつかむと浅倉は高速タックルを決め、リフトしてテイクダウン。マウントを取り切って、相手の腕をヒザで殺した状態でパウンドを連打。残り時間が30秒を切ったところで腕十字を取りに行くが、これはしのがれスタンドに戻ったところでゴング。

 距離を見切った浅倉は2R開始早々にタックルを決めるとまたマウントを取り切り、相手の腕を殺してのパウンドを落とし続ける。残り2分のコールで右腕を取って腕十字に。耐えたオリベイラだったが、浅倉がきっちり腕を伸ばしグイと絞りあげると、オリベイラは思わずタップ。2R3分40秒、腕ひしぎ十字固めで浅倉が一本勝ちした。
決勝の1R終盤、浅倉のスリーパーホールドががっちりとRENAをとらえる(撮影・蔦野裕)
浅倉「去年の負けが自分を強くしてくれた」

 決勝はRENAvs浅倉。

 ゴングが鳴ると中央のRENAの周りを浅倉が回りながらすきをうかがう展開。ジリジリ浅倉が間合いを詰めると、パンチのフェイントからタックル。RENAは膝をついたもののしのぐ。浅倉は腰を抱えるがRENAが立ち上がりに成功したため、仕切り直し。

 前蹴りでけん制するRENAだが、浅倉はまたもタックル。バックステップでかわすRENAは逆にコーナーに浅倉を詰めるが、浅倉も足を使って危機回避。再度タックルを試みるが、これはRENAが切る。再び中央で対峙する2人。RENAが左フック、前蹴りと繰り出すが、浅倉はしっかりガード。スイッチを繰り返し攻撃の糸口を探るRENAに浅倉はまたもタックル。今度はしっかりテイクダウンに持ち込む。ここで残り1分のコール。浅倉はバックを取り切ると、背に乗り右腕をRENAの脇から抜き首へ。そして左腕も脇から抜いてがっちりスリーパーホールドに。残り1分を切り時間がない中で、焦ることなく極め切る。絶対女王の意地を見せるRENAは最後までタップせず、落ちたところでレフェリーがストップ。1R4分34秒、チョークスリーパーで浅倉が勝利を収め、女子スーパーアトム級トーナメントを制した。

 浅倉は試合後のリングで「RIZINのベルトを巻けてうれしい。(RENAとは)正直、試合前からやりづらいなと思うこともあったんですけど、RENAさんが決勝に上がってくることを信じて、そして自分も上がって、こうして大晦日に戦えてよかった。去年はすごい悔しい思いをして、その悔しさを晴らせるのは同じ舞台でしかできないと思っていたので、あの負けが自分を強くしてくれた。ベルトを巻くのは初めてですごくうれしい。来年もまだまだな私ですが、これからも突っ走っていけたらと思います」などと話した。