那須川がキックトーナメント優勝。本領発揮の2連続KO勝ち【12・31 RIZIN】

那須川(左)の左ハイが浜本に炸裂(撮影・蔦野裕)
那須川が飛び膝蹴りで浜本を豪快KO

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2 nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の31日、「RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」が行われた。

 1回戦第1試合は那須川天心vs浜本“キャット”雄大。

 今回のトーナメント、那須川の相手は公募で決められたのだが、浜本は日本人初のラウェイ王者の実績を引っさげ那須川の対戦相手に名乗りを上げた。

 1Rからプレッシャーをかけ浜本を追い込む那須川。浜本は下がりながらもローキック、バックブローなど反撃の糸口を探るが、那須川のパンチ、左ミドルが浜本を襲う。2Rになると那須川のプレッシャーはより強くなる。那須川は左のミドルキックから追撃の左フックで1度目のダウンを奪うと立ち上がった浜本に走りこんでの左のヒザ蹴り一閃。まともに食らった浜本は2度目のダウン。レフェリーがすぐに試合を止め、2R1分58秒、KOで那須川が決勝に駒を進めた。
藤田の右フックが砂辺にヒット(撮影・蔦野裕)
藤田がプロ初勝利

 1回戦第2試合は砂辺光久vs藤田大和。

 1Rから砂辺はロー、ミドルで距離を取るが、藤田はパンチを的確に当て、徐々に砂辺を追い込んでいく。1回のつかみに1回の攻撃が許されるルール。藤田がパンチを放ったところで砂辺はクリンチ。そこからともに攻撃を放ってもすぐにブレイクがかかってしまう。
 
 2Rに入ると、藤田がボディーブローを中心とした藤田の攻勢が続く。そして3Rの入ると藤田はコーナーに砂辺を追い込みパンチの連打。左のボディーフックで1度目のダウンを奪うと、立ち上がった砂辺にまたもパンチのラッシュ。最後は左フックが 砂辺の顔面をとらえ2度目のダウンを奪い、3R50秒、KOで藤田が決勝に駒を進めた。
那須川がヒザ蹴りでフィニッシュ(撮影・蔦野裕)
那須川が藤田に2連勝

 決勝は那須川vs藤田。2人は10月大会では総合格闘技ルールで対戦。藤田はデビュー戦だったが大健闘を見せ、一気に注目を浴びる存在となった。ルールこそ違えどその再戦となる。

 1R、藤田の右ボディーに那須川が左フックを合わせ1回目のダウン。慌てることなくカウント8までしっかり休む藤田。立ち上がった藤田に那須川がパンチのラッシュ。ガードを固める藤田だが、頭が下がったところに、那須川がヒザ蹴りで2度目のダウンを奪う。ここもカウント8までゆっくり休んだ藤田。立ち上がって藤田が前に出たところに 那須川のカウンターの左ストレートがヒット。腰が落ちたところに那須川の膝が入り、3度目のダウンとなり、TKOで那須川が勝利を収め、優勝を果たした。