【3.21・K-1 WORLD GP 】日菜太が王者チンギス・アラゾフと対戦

撮影・小黒冴夏 
 2017年12月27日、東京・後楽園ホールで「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN〜SURVIVAL WARS 2017〜」が開催。メインイベントでスーパー・ウェルター級次期挑戦者決定戦が行われ、日菜太と廣野祐が対戦した。両者とも「進退をかけるぐらいの気持ちでのぞんだ」という試合はどちらも譲らず判定へ。有効打で勝る日菜太が2-0で勝利し、3月21日に行われる「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜K'FESTA.1〜」でチンギス・アラゾフへの挑戦権を獲得した。試合後日菜太は、「これまでやってきた13年間をぶつけてやりたい。この試合で壊れてもいいと思うぐらい勝負したい」とキャリアの集大成となる対戦への思いを語った。

 このほか、3月の試合は大雅 vs 武尊、ウェイ・ルイ vs 卜部功也、野杁正明 vs 大和哲也、久保優太 vs メルシック・バダザリアン、ゲーオ・ウィラサクレック vs 平本蓮らファン垂涎のカードが発表されていたが、さらに追加のカードも発表。小宮山工介 vs 郷州征宜、中澤純 vs 左右田泰臣など見ごたえのある対戦が並んだ。

 中でも注目を集めそうなのが、卜部弘嵩 vs 皇治の一戦。例のごとく対戦カード発表の記者会見で、皇治が弘嵩を挑発。「すぐフラフラになる弘やんにプレゼントがある。ヘッドギアより頑丈なヘルメット。試合の時にこれをつけてもいいよ」と、自らのサインが入ったヘルメットを弘嵩に差し出した。これには弘嵩も我慢できず、目の前に出されたヘルメットを弾き飛ばし「調子乗んなよ!」と吐き捨て会見場を退席。負けん気だけは折り紙付きの2人の喧嘩ファイトは、どちらが勝利をもぎとるのか。本番までのコメントにも注目だ。
K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 大会スケジュール
■3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜K’FESTA.1〜」
■6月17日(日) さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
■9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ