初代MVPは武居由樹。武尊は最高試合賞【K-1 AWARDS 2017】

挨拶する武居由樹(撮影・辰根東醐)
「K-1らしい倒す試合」を評価

 今年新設されたK-1 JAPANグループの年間表彰式「K-1 AWARDS 2017」が1月14日、都内のホテルで開催された。

 この試みはK-1、Krush、KHAOS、そしてK-1アマチュアのすべての大会を対象に12個の賞を制定し、K-1実行委員会で選考された選手、関係者、ジムを表彰するというもの。

 宮田充K-1プロデューサーが冒頭のあいさつで「すべての戦いはこのK-1 AWARDSに集約されることになる」というほどのビッグイベント。

 注目の第1回のMVPは現K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者の武居由樹が獲得した。

 武居は昨年行われた「第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」で優勝し王座を獲得。トーナメントも含め1年間で5戦5勝4KO勝ちと軽量級ながら「K-1らしい倒す試合」で勝ち続けたことが評価された。また足立区出身であることを常に発信し続け、成人式での挨拶、足立区長を表敬訪問。ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」にも取り上げられるなど、結果としてリング外でもK-1を広く知らしめることになったことも合わせて評価されたよう。
ゲストの久松郁実さん、魔裟斗氏、武居、K-1公式サポーターの関根勤さん(左から)(撮影・辰根東醐)
関根勤さんが「スタンディングアサシン」と命名

 MVPは最後の発表だったのだが、武居は「このまま選ばれないと思っていたんですが、まさか本当にMVPをいただけるとは思っていなくて。でもこのMVPを取れたのは、いつも練習を見てくれる古川会長、いつも練習しているジムのみんな、いつも応援してくれる皆さんのお陰です。今年はもっともっといい試合ができるよう、来年もまたいい賞がもらえるように頑張ります」と挨拶した。

 プレゼンターを務めた元K-1 WORLD MAX世界王者の魔裟斗氏は「毎回、感動させられるというか、感心させられるすごい試合をしていると思っています。武居君も武尊君も去年1年ずっとK-1を盛り上げてくれたと思います。今年もさらにK-1が盛り上げるように頑張ってください」と話した。

 また表彰式で司会を務めたタレントでK-1公式サポーターの関根勤さんは武居に「暗殺者のようなファイトをするし、足立区を押しているので」と“スタンディングアサシン”というキャッチフレーズを送った。
プレゼンターを務めた亀田興毅氏と武尊(左から)(撮影・辰根東醐)
武尊「3階級制覇成し遂げ、来年はMVPを」

「最高試合賞」は昨年4月22日に代々木第二体育館で行われた「武尊vsビクトー・サラビア」の一戦が選ばれた。

 この試合は3Rに放ったサラビアの後ろ回し蹴りがローブローとなり、試合続行が危ぶまれながらも、武尊が劇的な逆転KO勝ちを収めたもの。

 武尊は「毎回試合の時は、勝つことを考えてやっているんですが、それ以上に最高の試合をして、見ている人に夢とか希望、感動を与えられる試合をすることを一番に考えて臨んでいるので、こういう賞をもらえてすごくうれしく思います。…なんですけど、この賞をもらえたということは多分MVPではないということだと思うので、今年3月の3階級制覇がかかったタイトル戦で必ず勝って、誰も成し遂げていない3階級制覇を達成して、今年はMVPをもらえるように頑張ります」と挨拶した。

 プレゼンターを務めた元プロボクシング3階級王者の亀田興毅氏は「武尊選手の試合はいつもすごい熱い試合。いま映像を見ていてもゾクゾクするようなすごい熱い試合をしてくれるので、いつも楽しみにしています。すっかり武尊選手のファンになっている自分がおるくらいです。新生K-1のカリスマだと思います。3月もすごい試合をして会場を最大に盛り上げてください。今年も頑張ってください」と話した。

 表彰式後の囲み取材では武居は「自分はまだまだMVPをもらえるような選手ではないんですが、もらったからには2018年も頑張って、またMVPを取れるようにしたい。自分の中でも今はK-1=武尊選手だと思っていますが、武尊選手に追いつけるように自分も頑張らないといけないという気持ち。(K-1=武居?)いえK-1=武尊、武居ぐらいでいければ…(笑)」などと話した。

 また魔裟斗氏が「武尊はすごく悔しいと思う。この悔しさをバネに来年こそ武尊が取れるように。武居君もこの賞を譲らないようにお互い切磋琢磨しながら盛り上げてもらいたい」と話すように2018年はまずはこの2人がK-1を引っ張っていくことになる。
ずらりと勢ぞろいした受賞者たち(撮影・辰根東醐)
【最優秀選手賞(MVP)】武居由樹

【最高試合賞】武尊vsビクトー・サラビア(4月22日、東京・代々木第二体育館)

【殊勲賞】郷州征宜
※Krush -60kg王座獲得。

【敢闘賞】平本蓮
※初代ライト級王座決定トーナメント準優勝。スーパーファイトも2連勝。

【技能賞】大和哲也
※K-1参戦以降3戦3KO勝利。

【ベストKO賞】瑠輝也
※鮮やかな二段蹴りでKOの山を築く。

【新人賞】(2016年以降にプロデビューした選手が対象)
椿原龍矢
※K-1甲子園で敗れた軍司泰斗、西京春馬に勝利。

【ベスト・オブ・エンターテイナー賞】城戸康裕
※インターネットで募集の「ファンが選ぶ賞」

【ベストトレーナー賞】ジャオ・シージエ(中国)
※K-1ライト級王者・ウェイ・ルイらのトレーナーを務める。

【ベストジム賞プロ部門】
K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST
※武尊、佐々木大蔵、西京春馬の3王者を輩出。プロ選手の延べ出場試合数が最多。

【アマチュア最優秀選手賞】山浦力也
※K-1アマチュア全日本トーナメントAクラスで2回優勝

【ベストジム賞アマチュア部門】
K-1ジム総本部