熊本県とスナック玉ちゃんがコラボレーション。「スナックくまちゃん」が期間限定オープン

 熊本県の魅力を首都圏に広めることを目的にした「スナックくまちゃん」が期間限定でオープン。同店は、全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎がオーナーをつとめる「スナック玉ちゃん」(東京・赤坂)と熊本県がコラボレーションしたもので、自治体とスナックがコラボするのは、全国でも初の試み。

 17日には蒲島郁夫熊本県知事とくまモンがオープンイベントに駆け付けた。
 蒲島知事は「熊本地震発生後は、首都圏はじめ全国から大きな支援をもらい、大変感謝をしています。しかし地震から1年9カ月が過ぎ、次第にその記憶が風化しているという不安もあります。現在も仮設で暮らす4万人以上の人のため、首都圏で熊本をPRする重要性を感じていたところに玉ちゃんが協力してくれるということで、大変ありがたく思っています。ここで熊本の焼酎を飲み、熊本に旅行しようと思ってもらえたらうれしいです。私も知事じゃなければスナックに毎日でも行きたい(笑)。東京に来た時はここに潜入させてもらいます」と感謝を述べた。
 2月16日まで「スナックくまちゃん」のオーナーとなる玉袋は「日本初のスナック文化普及活動をしている自分としては、こんな風に熊本県とコラボできるのは、やってきたかいあったというもの。1カ月間の期間限定だけど、大成功させたいと思います。スナックはお酒を飲みながら知らない者同士、心のつながりができる場所。SNSはスナックネットワークサービスの略。クリックよりスナックで友達を増やして下さい。熊本は酒も食べ物もおいしい上に、人もすごく温かい。その温かみをこの店で伝えていきたいと思います。どこでもドアはいりません。この店のドアを開けたら、そこは熊本です」と熱く語った。

 玉袋のPRの成果もあり、スナックは大人の社交場として、じわじわと人気が復活。「スナックくまちゃん」は、そんな静かなブームがきているスナックで、お酒や食、県民との交流で、熊本の魅力を体験してもらう熊本の新たなナイトプロモーション。期間中は、熊本の焼酎やおつまみの提供のほか、PR隊が来店したり、熊本の魅力が伝わるイベントを開催したりするという。また、毎週水曜日はレディースデーでウエルカムドリンクや特別特典があるほか、金曜日は「くま金ナイト」と題しお楽しみ企画も開催。
 初心者でも楽しめるので、スナックと熊本の魅力が一度に体験できるこのチャンスに、スナックデビューしてみては?!


「スナックくまちゃん」
【期間】2月16日(金)まで
【住所】港区赤坂4-2-3  ディアシティ赤坂B1F
【電話番号】03-6277-6688
【営業時間】20~24時
【料金】男性7000円/女性4000円(税込) ※時間無制限で飲み放題&歌い放題。但し、混雑時は時間制で案内する場合あり
【イベント】レディースデー、のど自慢大会、トークセッションなど