一木美里のおいしくたべようの会 vol.39『ハミングバードマフィンと待ちながら』#わたしのレシピ #マフィン

こんにちは、一木美里です。

都内は四年ぶりの大雪❄️

珍しい雪にちょっとわくわくした日

友人と話しながら焼いた、

マフィンのレシピです。



ある夜、

”彼の帰りを待つあいだおじゃまさせて”

と、友人がカットパイナップルを買って

うちに遊びにきて

デザートを焼くことに。


お気に入りの薄力粉240gに

アルミニウムフリーのベーキングパウダー6g

シナモンパウダーを小さじ1程度ふるう。

そして塩をほんの少し。




常温に戻した卵2個をといて、

三温糖を60g混ぜたあと、

のむヨーグルトを80g、

そしてココナッツオイルを60g程度、

しっかり溶かしてから混ぜて

粉と合わせていく。




ちょこっとハミングバードケーキ風。

本来のハミングバードケーキは

バナナとかチーズを使ってたりする、

アメリカ南部発祥の

オイルを使った生地のケーキ。

鳥が歌いだすほどに美味しいケーキ!

というとってもかわいい名前の由来。



スライスしたパイナップルを

マフィン型に入れた生地の上に乗せ、

オーブンを温めて、

15分程度焼く。

コンベクションオーブン200度

上下をつけて15分でちょうどくらい。

オーブンレンジだったら

もう少し長く焼くのがいいかも。




”彼の帰りを待つ”

という友人のセリフ

聞く機会が増えた。

帰りを”待つ”ことと

帰って来るまでの時間を”過ごす”こと

同じことなんだけど

なにかちょっと

違う気がする。


しっとりハミングバードケーキ

シナモンの香りと

少し酸っぱいパインの味が

ほどよく広がった。


”待つ”時間を”過ごす”あいだ

ハミングしていられるように

甘いケーキのおまじない。



待ってても

過ごしてても

いつ帰ってくるかわからないし

気にするほどに

彼も罪悪感を感じるかも。

罪悪感なんて感じさせていいことは

何ひとつないよ。

ねぇ、今夜の1時間や2時間に

とらわれないでいてね。


小さな音で友人が奏でた

宇多田ヒカルさんの「Addicted To You」

のハミングは綺麗で心地よかった。


ハミングするのは

うろ覚えだからじゃなくて

歌うための準備だと

きっとその人は気がついてくれてるはず。


 


 


【わたしのハミングバード風マフィン】


薄力粉 240g

ベーキングパウダー 6g

シナモンパウダー 小さじ1

卵 2個

三温糖 60g

塩 ひとつまみ

ココナッツオイル 60g

のむヨーグルト 80g

パイナップル


一木美里 Misato Ichiki
歌手、DJ、SamanthaThavasaグループブランドレップ。
1989年12月6日生まれAB型。学生時代より読者モデル、リポーター、バックダンサーなど多岐に渡って活動。
SNSや雑誌を通してファッション、ライフスタイルを発信中。
【公式instagram】 https://instagram.com/misato_ichiki/