岩田剛典「夢に出てくるなんて初めて」最新主演作舞台挨拶


 映画『去年の冬、きみと別れ』(ワーナーブラザーズ映画配給)の完成披露舞台挨拶が25日、都内にて行われ、主演の岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、ヒロイン役の山本美月、瀧本智行監督、原作者・中村文則が登壇した。

 本作は『教団X』の芥川賞作家・中村文則による“映像化不可能”と言われるミステリーを『グラスホッパー』の瀧本監督が映画化。『植物図鑑』や『HiGH&LOW』シリーズなど、俳優としての躍進も目覚ましい岩田が単独初主演を務めた本作サスペンス。

 モデルの焼死事件を起こしたいわくつきの写真家を追うルポライターを演じた岩田。監督は「岩田さんと山本さんは、いろいろな“顔”を演じなければならずそれぞれの感情に嘘があってはいけないけど、騙さなくてはいけないという難しい役を見事にこなしてくれた」と難役をこなした岩田と山本を称えた。

 岩田も「撮影中は出口の見えないトンネルにいるような、まさに暗中模索でした。監督が夢に出てくるくらい(笑)。監督が夢に出てくるなんて初めてのことで、それだけ没頭していたんだと思います」と、まさに全力投球の撮影を振り返った。監督が2人に寄せた期待も並々ならぬものだったようで岩田は「監督から“明日は例のシーンだけど当然、寝ないよね?”と言われたこともありました(笑)」、山本も「指先の動きまで言われるほどとにかく監督の演出が細かくて途中、嫌になりかけました(笑)。でも最後のほうの場面で一度だけほめてくださったことがあって、本当にうれしかった」と明かし、岩田も「一番苦労したのは監督」とねぎらった。

 またタイトルにちなみ“去年、別れたもの”について質問された2人。岩田は「僕はよく机の角などに足をぶつけるんですけど、去年の夏ごろに右足の親指に大きな血豆を作ってしまい、それがやっと冬に全部取れました」。一方、山本は「よく取材のときに“美の秘訣”を聞かれるんですが何もしていないのでそう答えても信じてもらえないことがあって。答えられないことが嫌で、ジムに行ってストレッチしてハーブティーを飲むとか、モデルさんみたいなことを始めました。なのでもう何もしてなくないです(笑)」と答え、会場の笑いを誘った。

 映画は3月10日より全国公開。