古川雄輝が主演映画で愛あるマジック「キテます!」

 映画『風の色』の初日舞台あいさつが26日、都内で行われ、主演の古川雄輝、共演の藤井武美、そしてマジックの監修をしたMr.マリックが登壇した。古川は「(撮影してから)3年経っているので、(その間に)僕も30歳になりましたし、やっと見ていただけるのはうれしい」と、あいさつした。

 北海道と東京を舞台に描いた、神秘的で幻想的なラブストーリー。古川はマジシャンを演じている。

「氷水に入ったり、流氷脱出マジックで水の中に入ったり……今まで撮影してきた作品のなかでダントツで苛酷な現場でした。主演でやらせてもらったこともあって、今になってもこの映画の現場のことを思い出すことがあるんです。日韓合作映画ということで、今まで見たことがない雰囲気があるラブストーリーになっているので、みなさんがどう思うのか楽しみにしています」

 この作品に関わる以前は、マジックには親しみがなかったという古川だが、劇中では、紙のバラを使ったマジックや、Mr.マリックも驚くほどのスケールの大きなマジックもやってのける。

 マジックを監修した、Mr.マリックは本作について「マジシャンがスターになっていく段階が、実話ではないかというほど描かれていました」としたうえで、「コンテストで優勝するシーンがあるんですけれど、ここは優勝するだけのマジックをやってもらわない限りすべてがリアリティが飛んでしまうんですね。そこを(古川に)よくやりこんでもらえたな、と。そのままコンテストに出ても優勝できるんじゃないかなと思います」と、太鼓判を押した。
愛のパワーを注入で、ハサミで切ったはずの赤いロープが「つながった!」
 監督は『猟奇的な彼女』などのファク・ジェヨン。

 古川は「監督は、撮影が終わっても連絡を下さったり、撮影中に撮った写真を送ってくれたりするんです。毎日ご飯を食べたりしているので、演者に対して愛情のある監督だという印象です」

 藤井も「今日も朝、(初日舞台あいさつを)頑張ってね!と電話がありました」と、演者に愛のある監督のエピソードを紹介した。

 見どころについて藤井は「すばらしい北海道の地で撮影をして、本当にきれいなのでそこも見ていただきたいですし、“ファク・ジェヨン”監督ワールドも堪能していただけたら」。

 古川も「(劇中でも)マリックさんに教えていただいたマジックのすてきなシーンがたくさnありますので楽しんでいただきたいです。日韓合作映画ということで日本にはなかなかない、この季節にぴったりのSFラブストーリーになっていますので、楽しんでください」と、PRした。

 映画は上映中。