新品種いちごの無料サンプリングも実施!/2月2日(金)の東京イベント

横浜赤レンガ倉庫『Yokohama Strawberry Festival 2018』 12日まで開催
多彩な品種の新鮮いちごから、スイーツ、グッズ、遊べるアトラクションまで、横浜赤レンガ倉庫がいちごで“真っ赤”に!
 前回は19万人が来場した、いちごの祭典『Yokohama Strawberry Festival 2018』が本日2日から横浜赤レンガ倉庫にて開催。2013年からスタートし、今年で6回目を迎える人気イベント。今年は横浜赤レンガ倉庫が“15”周年の記念の年でもあり、さらなるいちご尽くしで盛り上がりそう。
横浜のいちご農家が毎朝採れたてのいちごを販売
 会場内に設置された特設テントでは、フードから雑貨までいちご尽くしの“いちごマーケット”を開催。今年は、初出店の2店舗を含む過去最多20店舗が集結。人気の老舗、新感覚スイーツを提供するお店、いちごグッズのお店など、いちご好きにはたまらないお店ばかり。また、マーケットではスイーツだけでなく横浜市内のいちご農家が毎朝採れたてのいちごを直売。採れたていちごのおいしさを堪能しよう。
果汁工房 果琳「果肉ゴロゴロいちごジュース」500円(税込)
 屋外スペースでは毎年大好評の、いちごの無料サンプリングを実施。2017年にデビューした千葉県の新品種「チーバベリー」や、いちご王国・栃木県の「とちおとめ」と「スカイベリー」、いわき市産・福島県オリジナル品種「ふくはる香」の4種を日替わりで無料サンプリングする。無くなり次第終了なので、お早めに!
栃木県のいちご「スカイベリー」 無料サンプリングあり
 他にも、子供たちが遊べる、いちごをモチーフにしたアトラクションも登場。横浜赤レンガ倉庫館内のカフェやレストランでも限定コラボメニューや関連グッズを販売。また、開館15周年記念として熱気球搭乗体験も同時開催。いちごデザインの熱気球で横浜の空を散歩してみては。
千葉県のいちご「チーバベリー」無料サンプリングあり
『Yokohama Strawberry Festival 2018』
【期間】2018年2月2日(金)~12日(月) 計11日間(雨天決行、荒天時は休業の場合あり)
【時間】平日11~18時 土日祝10時30分~18時
【場所】横浜赤レンガ倉庫イベント広場(神奈川県横浜市中区新港1-1)
【入場料】無料(飲食・アトラクションは別途)
【問い合わせ】横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション 045-227-2002(代)
【URL】https://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes
【無料サンプリング スケジュール】
「チーバベリー」(千葉県):2月2日(金)、7日(水)、9日(金)各日11時~
※各日先着100名。一人1個限り。なくなり次第終了

「とちおとめ」(栃木県):2月10日(土)10時30分~
※先着400名。一人1個限り。なくなり次第終了 )

「ふくはる香」(福島県いわき市):2月3日(土)、4日(日)10時30分~
※各日先着300名。一人1個限り。なくなり次第終了

「スカイベリー」(栃木県):2月12日(月)10時30分~
※先着400名。一人1個限り。なくなり次第終了

同時開催 開館15周年記念『熱気球搭乗体験』
【開催日】2018年2月5日(月)~7日(水)各日9~12時
【場所】横浜赤レンガ倉庫隣り 新港地区7街区 特設会場
【体験料金】6歳以上 1人1000円、3歳以上6歳未満 1人500円、3歳未満 無料